--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/05/17 Sun  09:05
09年GW みちのく山の旅2 八甲田山編【百名山】

昨夜2日目のレポを作成して、
最後の最後、記事のUPボタンをポチっとしたら
FC2さんのサーバーダウン?ネットワーク障害?なんかエラーで
記事・写真とも全部消えました。イリュージョン。

で、先ほど朝食食べようと牛乳入れようとしたら勢いあまって牛乳が床にドボー!
んもーーーと床を拭いて頭を上げたら
食器棚の扉の角に頭をゴツン!!!
エェ、エェ、扉を開けっ放しにしてた自分が悪いんですよ。

ふっふっ負のスパイラル(´・ω・`)

気を取り直してGW2日目です。

その1は → こちら

-------------------

最初はロープウェイ乗り場に向かいましたが
9時半運行ということで、時間があること。
登山時間は一緒であることがわかったので、
急遽酸ヶ湯温泉から登ることにしました。

酸ヶ湯温泉から八甲田山(大岳)
SANY0298.jpg


************
■八甲田山(はっこうださん)1584m:青森県【百名山】
日 時:2009年5月3日(日)
天 候:曇りのち小雨
行動時間:
酸ヶ湯温泉 ~ 仙人岱ヒュッテ分岐 ~ 大岳避難小屋 ~ 大岳山頂 ~ 仙人岱ヒュッテ分岐下 ~ 酸ヶ湯温泉
************


酸ヶ湯温泉の目の前の駐車場は満車、
上にある200台停まれる駐車場もたくさんの車が停まっていました。
SANY0268.jpg

天気は曇りでイマイチ。
迷子になるリスクが高くなるので、ガスっていたらやめようと思っていましたが、
沢山の踏み後、前に先行者がいること、山頂が見えていること
予想以上に人がはいっているので出発しました。

まだまだ雪はたっぷりあります。
SANY0271.jpg

木の上にある看板が目印
SANY0274.jpg

SANY0275.jpg

先行者の後をくっついて歩いていきます。
SANY0276.jpg

先行者をぬかしてしまったので、踏み後を頼りに自力で歩きます。
谷の手前で登っていると踏み後がなくなり、看板もなくなってしまった。ふと下をみると
谷を横切っていくスキーヤーの集団を発見。

そのスキーヤーを追っていくと、看板も発見。
着々と登っていたのですが
看板の色が黄色から赤に変わったのに気づき
看板に行く予定の「大岳」ではなく「硫黄岳」と書いてある。
登りたいのは大岳、おっおかしい・・・(;・∀・)

地図を広げて等高線を見てみると、谷を直登していくのが正解だったようです。
あのスキーヤーたちは硫黄岳に向かっていたらしい。
自分のルートは自分でしっかり考えなければいけません。
慌ててモトに戻って谷を直登していると、抜かした人たちが前方を歩いていた(^^;

谷を登リきると「仙人岱ヒュッテ分岐」発見。
夏道はヒュッテに少し向かってから登っていくということですが
山頂は生憎ガスがかかってしまって登山ルートがわからない。

環状ルートという看板と竹の棒を目標にテクテク歩く歩く歩く。
一瞬ガスが晴れて、山頂が見えました。
SANY0279.jpg

なかなか登らず。おかしいなぁ~と思いながら歩いてると避難小屋が見えてきました。

大岳避難小屋
SANY0282.jpg

頂上に登らないで裾野をグルーット半周してしまっていました(´д`)ぇ~
ガッカリしながら避難小屋に入ると、先客に団体さんが休憩中で満員御礼。
ツアーガイドさんはなんと登山地図を書いた人でした。
今日は強風につき山頂は諦めこれから環状ルートで下山するとのこと。

ちょっと悩みましたがいけるところまで行ってみよう!と決意。
団体さんたちにはビックリされましたが
ガイドさんの「若いから大丈夫だ」という心強い言葉に背中を押され
頂上へ向かいます。
SANY0283.jpg

とりつきがわかりませんがとりあえず上に登っていくと3人の方が休憩中。
ルートを確認するとそのまま登れば夏道にぶつかるよということで直登。
ほどなく夏道にぶつかりテクテクのぼり
SANY0284.jpg

八甲田山(大岳)到着。
SANY0287.jpg

夏道でコースタイム2時間のところを3時間以上かかりました。
ずいぶん回り道して登っちゃったようです(汗
山頂はガスガスで何も見えず、おまけに小雨が降ってきたのであわてて下山開始。

元のルートではなく、当初登るはずだったルートで下山します。
SANY0290.jpg
途中まで夏道がありましたが、途中から雪道となり、
山スキーの方がスキーを履いてました。

うらやましいと指をくわえつつ下山していると、
おじいは「やっほ~~」という奇声とともに滑り降りていきました。
悔しいので時にはオシリで滑り降り(笑
雪道をまっすぐおりていくと、あっという間に谷にたどり着きました。。
仙人岱ヒュッテ分岐より下に出てきたようです。

谷まできたらあとは、来た道を戻るだけ。
走るように降りていると、前に2名の方が下山中。
追いついたところ

「山頂までいきましたか?」と話しかけられました。

仙人岱ヒュッテ分岐から山頂への登り口が分らず下山しているところだとか。
私たちも登り口がわからず、大岳避難小屋までぐるっと周ってから登ったこと、
1時間半ぐらいかかったことを話したら、明日再チャレンジするとのことでした。
その先を歩いていた3人組にも同じことを聞かれました。
みなさん苦労したようです。

谷を出て来た道を帰るだけ~~とまるさんの後をついていくが
もっとトラバースしなかったっけ?と思うほどじゃんじゃん真下に下りてくる。
目印の看板も見当たらないが、車の音が聞こえてきたから大丈夫だろうと下山すると、

酸ヶ湯温泉駐車場の300m程手前の道路に出てきてしまいました。
SANY0293.jpg

まだまだ雪山初心者。
ルートファインディングの勉強をもっとしなくっちゃいけません。

さて、酸ヶ湯温泉に寄ってみます。
SANY0297.jpg

中も激混みの様相ですが、まるさんたっての希望ではいってみることにしました。

まるさんは混浴のヒバ千人風呂(160畳もあるんですって)に
私は玉の湯という男女別の温泉にはいりましたが・・・
狭い浴室、脱衣所は大入り満員。
人混みが苦手な私はゲンナリしてしまいました・・・(><)
でも、出た後は肌がツルツルヾ(*´∀`*)ノ゛
酸性だから古い角質がとれるのかもしれませんねー。

外で売っていたおでん食べました。
本当の凍り豆腐。タケノコにしょうがの利いた味噌がうまーでした。
SANY0296.jpg

キレイサッパリした後は、道の駅に戻り無事デジカメを回収。
奥入瀬~十和田湖経由で盛岡に出ました。

盛岡に来たらやっぱり冷麺ですよねー。
GWで激混みでした。
P1040991.jpg

詳しくは ⇒ こちら

冷麺を食べて向かうは八幡平。
「道の駅にしね」で就寝いたしましたzzz

つづく
Comment

☆ 人はなぜ

山に登るのか。
やはりそこに山があるからなのか。
私にはわっからない、わっからない、魅力があるんだろうなー

☆ こんばんは

ガスの中大変でしたね。 それでも山頂ゲットはさすが。
私も来年はぜひ登りたいです。 酸ヶ湯にも行きたいし。

☆ 酸ヶ湯

GWは北東北だったんですね~。
さすがにここまで北になると雪が残っているんですね。
私が行ったときとは全然様子が違っているので山頂標識なかったら別の山みたいに見えますね(笑

酸ヶ湯温泉わたしも玉の湯に入りましたが、ホントに狭いですよね。
かといって混浴っていうのも抵抗あって我慢しましたが…。

☆ >yamatakaちゃん

そう、そこに山があるから登っちゃうのだ。

なんだろうね、苦しいけどその後の景色は最高なのです。
汗をかくのも気持ちよい。
何より太らない(笑

今度一緒に登ろうよ。山の良さがわかるから・・・たぶん(^^)

☆ >あきさん

はい。大変でした(^^;

登りはじめはガスなかったので出発してしまいました。
山の天候は変わりやすいですね。
リベンジ確定です。

すごく魅力のある山で、冬にBCも良さそうですよね。
是非チャレンジしたいです。

酸ヶ湯温泉、泉質はとても良かったですよー。
これも、また空いている時に入りたいです。

☆ >山空花さん

思った以上に雪が残っていました。

夏道が全然わかりませんでした。
でも、山頂付近は雪はなかったです。
夏とか秋も良さそうですよね。

また行きたい山です。できれば冬のBCもしてみたいです。

玉の湯って本当に狭いですよね。
出た後の脱衣所は満員電車(@@)
入場制限してほしいぐらいでした。

でも、混浴は私もはいる度胸ありませんでした(^^;

☆ No title

酸ケ湯!
ワタシ一度混浴の方に入ったことがあります。
「郷に入れば郷に従え」で・・。(というか、混浴ということを理解していず・・・)おじいちゃんにガン見されましたが、冥土の土産にとサービスしました(笑)中は広くて、お湯はやっぱり良かったですよ!次に立ち寄りの際は是非!

☆ コメントありがとうございます♪♪

■likicatさん

千人風呂入ったんですね。
脱衣所は別なので騙されるのも無理ないですよね。
おじい!「男は女を、女は男をジロジロみるべからず」と掟に書いてあったろうに。

まるさんが入浴したときも若い女性がいたそうです。
何か着ていたようですが、掟にしたがって見なかったそうです。
って見ないはずなのに若い女性って分るのはなぜ?(笑
次回は勇気を出していってみたいです。

    
    管理者にだけ表示を許可する


Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

FC2カウンター

プロフィール

ぐうたらのんすけ

Author:ぐうたらのんすけ
【性 別】  ♀     
【趣 味】
☆山登り☆ 
2009年8月23日
百名山完座しました♪
☆スキー☆
冬場は毎週スキー場に出かける筋金入りの「変態」
2008年/3月に夫婦同時に「テクニカルプライズ」に合格しました★
       
ビールが大好き♪食べることも大好き♪
だから・・・万年ダイエッターです。   

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ


09年GW みちのく山の旅1 岩木山編【百名山】 ≪         HOME         ≫ 09年GW みちのく山の旅3 八幡平編【百名山】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。