--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/05/21 Thu  21:06
毎度おなじみ オヒトリヤマ:塔ノ岳(丹沢)

先週、会社でマスクが配られました。
ついに東京で感染者がでた影響で、今日はマスクの人多かったですね~。

GWレポが途中ですが、先週のレポです。

半年に一度の師匠とのゴルフコンペにでかけたまるさん。
毎回夜ご飯は焼肉なんで(笑
今回は同行しようかと思いつつも、
先日の打ちっぱなしのヒドサにやめておきました。

○さんが4時出発だったので、一緒に起きて5時過ぎの始発に乗る。

さて、今日はどういうコースにしようか。(決めてないし(笑)
天気は曇り。
きっと丹沢は雲に隠れているだろうから富士山は望めない。
シーズン初めで表尾根を歩く自信もないし、ここはいっちょ大倉尾根で登ってみようかな。

大倉尾根を避けていたのは、人が多そうなこともありますが
ひたすら階段を登ると聞いていました。(通称バカ尾根と言う人もいるらしい)
階段が苦手な私はなんとなーく避けていたのですが、
はっしーさんが何度も登っているということはそれだけ何か魅力があるはず。

ということで7時18分渋沢発大倉行きのバスに乗り込んだ。

時期が時期だからかバスはガラガラでした。
P1050146.jpg


☆ 山行記録 ☆
*********************
■塔ノ岳/鍋割山(丹沢)
日 時:2009年5月16日(土)
天 候:曇りのち霧雨
行動時間:5時間55分
大倉(7:45) ~ 駒止茶屋(8:45/8:50) ~ 花立山荘(9:30) ~ 金冷し(9:40) ~ 塔ノ岳(9:55/10:15) ~ 鍋割山(11:05/11:50) ~ 大倉(13:40)
*********************


久しぶりの登山なので念入りに準備運動をして出発。
大倉尾根はコースタイム3時間、2時間切るとスゴイ人みたいですが
タイムを意識すると無理をしそうなので時計を見ることは禁止にしました。
(コースタイムが書いてありますた、デジカメの写真の時間です。
 記事を書くときに見ました)

ボッカ駅伝は今年は6月にあるんですね。
ボッカ駅伝とは小石の袋詰めを背負って登山道をリレーしながらタイムを競う大会。
クラスによって重さは違いますが、少なくとも20kgを背負うのです(><)
興味があるかた、詳しくは → こちら
P1050147.jpg

普通の道を5分程登って行くと、
P1050148_20090522001520.jpg

登山道にぶちあたりました。大倉から頂上まで丁度7km。意外とありますね。(TT)
P1050150.jpg
早速シャガのお出迎え。
P1050152.jpg

ヒノキ木をテクテク緩やかに登ります。
P1050153.jpg

ボッカさんに出会いました。
ガスボンベを担いでいます30kgぐらいだそうで
「軽くてみんなに笑われる」とおっしゃってました。
いや、30kgでも充分重いと思うんですが。

階段はいつ現れるんだろう、いつ現れるんだろうと思っているうちにボッカ


8:20 見晴らし茶屋
P1050163.jpg

疲れていないのでスルー。
とても歩きやすい道です。ビックリしました。
途中おじいさんに追いつきました。

「どこまでいくの?いい足してるね」

太いってこと?ww
「一応塔ノ岳で、元気があったら丹沢まで」

おじいさんは、丹沢~宮ヶ瀬ダムまで降りるという。
そんな話をしているうちに後ろからタッタカ足音がして振り向くと
トレイルランナーのイケメン男子。
おじいさんと「今日はどこまでだー」と聞かれた男子、
「今日は連れと一緒なんで、先に頂上いったらまた戻ってきま~す」
お二人とも顔見知りなのかな。

木道はあれど階段がないまま
P1050166.jpg

8:45 駒止茶屋の上のベンチで休憩
P1050168.jpg
1時間歩いたし、水分補給と久しぶりの登山なのでベンチにドカっと座って休憩。

おじいさんは「うさぎちゃん、お先に~~」と歩いていった。
抜かした人も次々とスルー。
あれれ??みんな休憩しないんだー。スゴイ。
5分程休憩して出発

駒止茶屋から先は結構ナダラカな道が続いていて、みんな休憩しなかった理由がわかりました。
階段っていつ出て来るんだろう???と思いながら登っていくと

9:00 堀内山の家
P1050170.jpg

小屋が多いですね。スルースルー。

戸沢と大倉の分岐。
以前蛭ヶ岳に行ったとき、ここから戸沢に下山していった。
ここから上が階段だ。

ガスの中テクテク階段を登る。
汗なのか湿気なのか髪の毛がビタビタです。

水分補給の後、やっとおじいさんに追いついた。
「お先に」というと
「おうおう、うさぎちゃんスゴイね。。自分のペースでいきなさい。」

一度も休憩していないという、おじいさんはもっとすごいと思うんだけど。
頂上まで1ピッチで行く予定だって。いい歩き方をしているんでしょうね。

9:30 花立山荘 で水分補給して出発
P1050174.jpg

上からおにーちゃんもたったか降りてきた。
連れと一緒にまた登ってくるというからスゴイよねぇ。
花立山荘を過ぎると、金冷しまでアップダウンが続きます。

金冷やしを過ぎ、階段があらわれた。
P1050176.jpg

ここからあとは一息だ!!!と思う間もなくあっちゅう間に塔の岳。
P1050178.jpg

しゃれにならないほど真っ白。
丹沢に行く気力はシュルシュルとしぼんでしまった。
寒いので山荘にはいる。
P1050179.jpg

山荘は、工事中のようです。

ビールを飲む気にならないほど寒いので、とりあえずサイダーを飲む(笑
P1050181.jpg


5分程すると、イケメンお兄ちゃんと連れのおにいちゃんが登ってきた。
イケメンお兄ちゃん本当にすごい。
大会にでたりもするそうですが、人が多いからあまり好きじゃないとか。
そうだよねーわかるわかる。

さて、鍋焼きうどんを求めて鍋割山へ移動します。

テケテケ歩いているとスミレサイシンやらアカヤシオが咲いていた。
P1050185.jpg P1050193.jpg

そうだ。霧の丹沢って大好きなんだった。
P1050194.jpg P1050190.jpg


これでシロヤシオが咲いてたら最高だ。
なんて思いながら歩いていると前から人がやってきた。

「どこから来たの?」と言われたので「塔の岳です」と答えると

「塔~丹沢に向かうところで、シロヤシオが咲き始めてるらしいよ。見た?」

なんとまぁ。そんなぁ。そんなことなら咲いているところまで行けば良かった。
オナカも空いてきて、今更戻る気力もなく、先に進みました。
霧の丹沢をノンビリ楽しみつつ鍋割山荘へ到着
お楽しみの鍋焼きうどんだよー

ビッタビタに濡れたの私の髪をみて「外雨降ってるの?」と聞かれました。
雨は降ってないんだけど、木から雫がたれるほど水分を含んだ霧なので
髪も濡れてしまったようです。
さすがに汗じゃないよねぇ?ねぇ???

冷えた体にとってもうんまい!!!鍋焼きうどん。
ビールもうんまい(笑
P1050196.jpg

その後続々と到着して鍋焼きうどん大繁盛。
100リットルザックに30リットルボッカしてきた男性もいました。
「前の週もいらっしゃってた?ありがとうございます」と言われてました。
すーごーい。

私も今度こそはボッカにご協力したいと思いつつ、いつも逆コースをたどってしまいます。

オナカイッパイになったところで下山しようと外へ出ると小雨が降っていた。
上だけカッパを着て、ザックカバーをつけて出発。
カッパを着るほど降っていなく、10分くらいで暑くなって脱ぎました(爆

あとはトットコなれた道を下山。
長い長い林道を歌いながら歩いて大倉へ戻りました。

で、毎度毎度の鶴巻温泉へ電車で移動。
毎度の「ゆたかの湯」の前に行くと

1月をもって閉店したとの看板が・・・ガビーーーン。
あの静かな感じが大好きだったのに。
有名な弘法の湯にはいりました。
心配していたほど混雑していなくて良かったですが、ちょっとカルキ臭い温泉で残念。
ゆたかの湯は中庭にベンチがあり、そこでのんびりビールをのんで帰ろうと思っていたのに、弘法の湯にはそういう場所がない。
(休憩所はありますが)
ゆたかの湯のほうが個人的には好きですね。閉店が本当に残念です。

それにしても今回初めて歩いた大倉尾根は
思った以上に歩きやすい道でした。
始発で気合を入れていきましたが、塔ノ岳だけならもうちょっと遅くても大丈夫ですね。

ただ登っている際、アンモニア臭が気になりました。
新緑がそういうニオイなのか?と思い込もうとしていた目の前で衝撃の事実。
ボッカさんが二人で野○ョン。んもう。
あれだけ小屋があるんですから、のっぱらでやるのは控えていただきたいですよね。

おしまい
Comment

☆ No title

塔でしたか。
ボクは天気悪そうだからとあきらめてしまった・・・。
それにしても速いなあ。
さすがです。

で、花の時期なんですね。
今週はボクも行ってみるかな。

☆ No title

こんにちは~!
ご無沙汰しちゃいましたm(__)m
のんすけさんも登山シーズン突入ですね。
って、自分があんまり山行ってないんですが(^^ゞ

のんすけさんのレポ見ていると大倉尾根が何だかスイスイ行けるような気になっちゃいますね。

それにしても、ちゃんとトイレは小屋にあるんだから使って欲しいですよね~。

☆ No title

あの、うさぎちゃんってなんですか…?
うさぎの着ぐるみを着て登ってたとか?

☆ >はっしーさん

はっしーさんいないかなーと思いながら登っていたんですよ。
こんな天気じゃ登らないですよね。お会いできず、残念です。
ひたすら階段と思い込んでいたので、思ったより登りやすかったです。
涼しかったからかな。

タイムはっしーさんのほうが早くないですか?
今回は時計をみないで登りました。(タイムログは、デジカメで後で見ました)
秋に、2時間切りのタイムチャレンジもやってみたいようなーしたくないようなー(笑
結構15分って大きいですよね。

☆ >山空花さん

ご無沙汰してます!

山空花さんは九州遠征だったんですね。
千円恩恵タップリ受けられてうらやましいです。

大倉尾根、最初からずーっと階段だと思い込んでいたので(笑
思ったより登りやすかったです。涼しかったのも良かったと思います。
でも、次の日はガッチガチの筋肉痛で大変でした。

これからの季節また宜しくお願いします(^^)
今度こそバッタリしたいですねー。

☆ >名無しのゴンベさん

うふふふ、

説明がなくてごめんなさい。
ウサギの気ぐるみは着てないし、ウサギみたいにカワイクもありません(笑

「うさぎとカメ」のうさぎちゃんです。
足は速い(ってほど速くないと思います)が休憩が長い。

酔っ払った時に記事を書くのはよくないですね。明日読み直しますm(_ _)m

☆ No title

>名無しのゴンベさん

す、すいません!
名無しのゴンベは私です!
名前を入れたか確認しなかった!

そうそう、大倉尾根はバカ尾根って言いますよ。
私が登ったときはアンモニアの匂いしなかったなぁ。

☆ 相変わらず!パワフル

単独でも行っちゃうのんすけサンはスゴイと思いますが、すぐにお友達ができちゃうのはサスガです!

山の世界って、お外で済ませちゃう方が多いと聞いていますが、やっぱり山スキーも同じみたいですね
乗鞍で滑っているヒトたちに、トイレはどうしているの?簡易トイレでもあるの?と言ったら、大笑いされちゃいました

自然に返すだけだと言われましたが、やはり、トイレがあるところはトイレで済ませたいですよね!

知り合いのスキー場に行ったときですが、リフトを降りたら、ガケをみているヒトがいるので、これは危ないヒトだと思って、声をかけようとしたら、いきなりこっちを向き、ファスナーをあげていました。。。

この時ばかりは、ちゃんとトイレに行けよと思いましたね


食事中でしたらゴメンナサイ

☆ 丹沢=健脚ぞろい

丹沢歩く人・・・って、どうしてみんな速いんだろ?
以前、行った時も、ドンドコ抜かされて。。。
速い~速い~^^

やはりスキーで鍛えられたのか、のんすけさんも
速い~~♪

鍋割山・・・一度、行ってたいなぁ~^^

ヒマラヤ街道には、100㌔越えのボッカがおります。。。
恐ろしや~~(--:)

☆ >ナナシのてるさん

ゴンベさんはてるさんでしたか(笑

バカ尾根さん、今回は思ったよりバテませんでしたが、
何気に1200mも登るみたいなので、暑いときはキツイでしょうね。
大倉尾根より檜洞丸のツツジ新道のほうが急でキツく感じました。

あれー、ニオイしませんでしたか。
ずーっとニオイがしていたのですが、もしかして、新緑のニオイとか?

☆ >なをさん

>なをさん

単独で山に登ると友達にいうと、変人扱いされます(笑
何かあったとき覚えていてもらうように、
単独の時は積極的に話します

山のトイレ問題は語ると長くなるのでヤメておきますが
一言だけ。ペーパーは持ち帰るべきだと思います。
ヤブで散乱したペーパーを見ると、悲しいです。

それにしても、丹沢なんかはいたるところに小屋があるのに・・・(TT)
男の人は外でやることに対して何の抵抗もないみたいですね。
まるさんもそうです。
先日登った時も、小屋が遠くて行くのが面倒になったまるさん、
いざとなったら外ですますとほざいたんで
「小屋でしていけ!」と渇いれておきました(笑

☆ >みいさん

確かに丹沢は健脚揃いですねー。
私が抜かすと悔しそうにしてる人もいます(笑

足は太いので、一般女性よりは強いと思いますが、
重いものを担ぐととたんにヘロヘロになります。
みいさんのお酒と食料がズッシリ入ったザックをラクラクと担いでいる姿は尊敬ものです。

鍋割山は雪の季節とか良さそうです。
泊まりでいってみたい場所です。
そういえば、鍋割山荘のおじさんは最高130kgくらい
ボッカしたことあるツワモノだったと思います。
人間ってスゴイですね。
    
    管理者にだけ表示を許可する


Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

FC2カウンター

プロフィール

ぐうたらのんすけ

Author:ぐうたらのんすけ
【性 別】  ♀     
【趣 味】
☆山登り☆ 
2009年8月23日
百名山完座しました♪
☆スキー☆
冬場は毎週スキー場に出かける筋金入りの「変態」
2008年/3月に夫婦同時に「テクニカルプライズ」に合格しました★
       
ビールが大好き♪食べることも大好き♪
だから・・・万年ダイエッターです。   

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ


盛岡冷麺 Dining BONDZ ≪         HOME         ≫ シロヤシオ速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。