--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/06/18 Thu  23:52
ガスガスの魚沼駒ヶ岳【百名山】

前日に引き続き、駒ヶ岳シリーズ第2弾

前日の会津駒ヶ岳のレポは ⇒ こちら

枝折峠(しおりとうげ)の登山口の駐車場で
カエルの大合唱を聞きながら

3時半、目覚ましが鳴ったが起きられず、4時頃起きてみると周りは真っ白
テンションが下がり二度寝してフト起きるとガスが晴れてきたじゃないですか

慌てて朝食を食べて、準備をして出発する頃、
周辺はまた真っ白になってしまいました

お手洗いは水洗、紙ありですが、何故か手洗い場がありません。
(靴とか洗われてしまうからでしょうか)


☆ 山行記録 ☆

**************************************

■魚沼駒ヶ岳(越後駒ヶ岳)2003m:新潟県【百名山】
日時:2009年6月14日(日)
天候:曇りのち小雨
行動時間:8時間50分
枝折峠(5:25) → 明神峠(6:00) → 道行山(6:50) → 小倉山(7:30/7:35) → 百草ノ池(8:10) → 前駒(8:40) → 駒ノ小屋(9:00/9:15)→ 越後駒ヶ岳(9:30/9:40) → 駒ノ小屋(9:55/11:10) → 百草ノ池(11:50) → 小倉山(12:20) → 道行山(12:55)→ 枝折峠(14:15)

**************************************


晴れるんだろうか・・・晴れて欲しいという願いをこめて出発
P1050526.jpg

ガスは晴れませんがお花は思ったより沢山咲いてました
観音様に無事の登山を祈ります
P1050540.jpg

タニウツギ、奥只見の道沿いにも沢山咲いていました。
P1050529.jpg


イワカガミは色の濃いものから薄い白っぽいものまで色とりどり
P1050533.jpg P1050569.jpg

アカモノ・タムシバ・ウラジロヨウラク・ミツバオウレン・その他(笑
P1050645.jpg P1050572.jpg P1050537.jpg P1050583.jpg P1050542.jpg P1050630.jpg

スミレはまだまだ勉強中。見分けがつきません。

そしてこれはアジサイの仲間?と白いシモツケソウ?
P1050541.jpg P1050553.jpg

だいぶ花の名前を覚えられましたが、
パっと出てこないし、微妙に間違えてたりしますので
間違えがありましたら、ご指摘お願いいたします

写真撮影でなかなか前に進みません。
前から一人の男性が走りながら戻ってきます。
下山にしては早すぎるしザックも抱えていません。トイレ問題でしょうか???

祠を過ぎ
P1050550.jpg

明神峠を越えたら
P1050552.jpg

池がありました。
その池は・・・
カエルのタマゴの王国やぁ
P1050563.jpg

何カエルなんでしょう?
しばらくしたらこの池はスゴイオタマジャクシに埋まるんでしょうね
・・・カエルじゃなかったりして???

登ったりトラバースしたり下ったり、
P1050561.jpg

ガスで景色を楽しめないので、
お花を探しながら歩いていると前から
「オーイ!」という声が・・・
まるさんと顔を見合わせました。こんな明るい朝からホラーなこと??

その後、静かになった登山道をテクテク歩いていると再び

前から「オーイ!」

ん!!!と思った瞬間後ろから「オーイ!!」

後ろから、先ほど戻っていったおじさまが汗だくでやってきた
トイレではなく、車のライトをつけっぱなしにしてしまったから一度車に戻ったそうです。
お疲れ様でした。

道行山分岐
P1050573.jpg

登る道がありましたが、このガスの中登る気になれずスルー。

小倉山までもアップダウンが続きなかなか高度があがりません。
いたるところでカタクリとイワウチワが群生しています。

カタクリはほとんど雨で下向いてしまっているのが残念。
P1050564.jpg P1050581.jpg

イワウチワは見たかったお花なので見れてうれしい
P1050557.jpg P1050567.jpg

シラネアオイ
P1050631.jpg 

ツバメオモト・マイヅルソウ・シロスミレ?(スミレは自信ありません)
P1050639.jpg P1050571.jpg P1050586.jpg

雪渓を通りすぎ
P1050574.jpg

ググっと登って、小倉山。
P1050577.jpg

ここでおにーさん二人が追いつきました。
水分を補給して、お兄さんたちより一足お先に出発。
このお兄さんたちなかなかの健脚で、
しかも後ろでずーっと話しながら登っている。

うらやましくて、まるさんと「会話しながら登ろう!」
と今日のこれからの予定と夕飯の予定、夏休みの予定
話したりしてみたが・・・続かない

百草ノ池の標識を通過、
池はどこじゃー・・・

雪渓をトラバースすると
P1050587.jpg

いよいよ本格的な登りとなりました。
P1050588.jpg

おにーさんたちは会話が途切れることなく、
私たちを追い抜いていきました。すごいなぁ

おなかが「グウグゥ」鳴りはじめましたがガンバル
前駒を通過して
P1050591.jpg

鎖のある急な岩場を登り
(特に使わなくても登れます)
P1050600.jpg

駒ノ小屋に到着しました~~。
P1050602.jpg

小屋の中でクリームパンのエネルギーチャージをしていると
ザーーーと大粒の雨が降り出した。
昨日に引き続きギリギリセーフ
お守りで雨具を着ると、お守り効果で雨がやみました

さて、空身で頂上に向かいます。
P1050603.jpg

雪渓が現れました。
P1050604.jpg

雪渓は最後が急になっています。
急な登りを登っていると健脚のおにーさんたちが降りてきた。

おにーさん私たちに道を譲ろうと、ステップを外れたとたんコケタ
笑ったら「帰りは我が身ですからーー」だって。
確かにそのとおり。

雪渓を登りきり、中ノ岳の分岐を右に歩くと

9:30 魚沼駒ヶ岳到着

P1050607.jpg

周りには中ノ岳、八海山、荒沢岳等がグルリ一望できるはずですが
先ほどの雨はやんだけれど、空は明るいんだけれども
真っ白け
晴れ女の憂い。普段の行いです。

うわさの上人様
P1050608.jpg

うわさどおり頭に穴
P1050609.jpg

ガスが晴れないので下山開始。
道端にはシャクナゲの花が咲いていました

おにーさんが転んだ雪渓。最初の10歩ぐらいがエライ急で恐い。
下から登ってくる人たちがいたので上で待ちます。
だって転んだら困るし
まった甲斐あり、無事雪渓を転ばずに駒ノ小屋に戻ってきました。

小屋で昼食をとっていると、隣に単独の男性がやってきてザックをゴソゴソ。
中から出てきたのは「タケノコ」(姫タケノコor根曲がり竹orチシマザサ)
羨望のまなざしで「タケノコですねぇ」と言って
熱い視線を送ったのですが、分けてもらえませんでした

皮をむいて、ラーメンの具として食べてました。美味しそうでした。
うらやましかった。残念ポ。

※ここらへんは国定公園ですから、動植物の採取は禁止デス

ゴホウビを飲んで、
P1050618.jpg

お昼寝して小屋の外にでると
パーっとキリが晴れて山頂付近が見えました
P1050621.jpg

雪渓は登る人と下る人でごった返していました。
下山している人数名が踏み後から外れて
はしゃぎながら雪渓を下山しはじめた。
気をつけて~と思った瞬間、そのうちの一人が滑って滑落

「あっ!」と思ったら、小屋の人が「危ないなぁ」と上に走り

「あぶないから、雪渓を歩かないで!!!ルートに戻って!!!
と大声で叫んでいた。
滑落した人は5m程落ちた後立ち上がり
ルートを修正してオオゴトにならずにすみました。

「若気の至りで無謀なことしたのかな。」
と思って下山した人を見たらいいオトナの人たち
・・・何事もなくて良かったです。

お手洗いは非水洗、紙なしでしたがキレイでした。
「絶対に汚さないで」の張り紙が効いてるかな

小屋でバッチを購入して、下山開始。
P1050623.jpg

行きよりガスが晴れていました。
P1050629.jpg

また来よう。
P1050626.jpg

イワナシ発見!
P1050598.jpg

テクテク下山していると、
タケノコを食べていた人のザックが道端においてありました。
道を外れてタケノコのお土産を採取しているのかな?
その後、コシアブラを採取している人もいた。
コシアブラのテンプラって美味しいですよね~~

小倉山を過ぎてから霧雨が降り出した。
霧雨だからとザックカバーも雨具も着ずに先に進む。
スッタカタ~~と帰りたいところですが、
続くアップダウンに道行山の手前で足がパッタリと止まってしまいました。
足が進まない。フラフラする。ビール飲みすぎたかなぁ。

ヘロヘロ千鳥足で、明神峠を過ぎた頃には全身濡れ鼠
もうーなんでだろうと思った瞬間

「グゥ~~~」

オナカがなった。ヘロヘロの原因は単なるシャリバテ
やっとこさ駐車場に戻ってきました。
P1050647.jpg

下山後、パンを食べたら元気復活したのでした

下山後奥只見湖の「かもしかの湯」で冷えた体を温めて
ハラがへった欠食童子、まるさんとのんすけ。
焼肉が食べたいーー!と向かったのは
なをさんオススメの「石打ドライブイン」→詳しくは後ほど

その後1時間記憶がないんですが
起きたら藤岡ICを降りるところでした。
渋滞の関越を避けて、東松山までシタミチ街道まっしぐら9時半には帰宅しました。

カモシカの湯で、懐深い雄大な越後駒ヶ岳の写真を見た瞬間後悔しました。
山は逃げません。
必ずや三山巡りをするぞーー

おしまい
Comment

☆ No title

   駒の2連ちゃんですか、ただこの時期はなかなかきれいに晴れませんね~。
 次に行く時はアップダウンは大きいけどぜひ中ノ岳まで、中ノ岳山頂避難小屋からの朝夕は良いですよ~。

 そして会津駒もぜひ中門岳まで、高層湿原の稜線歩きは最高です。

☆ コメントありがとうございます♪♪

■IKさん

いやー、梅雨の時期にいったのは失敗でした(^^;
次に行くときは中ノ岳+できれば八海山を縦走したいです。
山で迎える朝夕っていいですよね~~。

会津駒も次回は絶対に中門岳までいきます!
秋がいいなぁ、そういう計画ができるのも楽しいです。

・・・と、負け惜しみです(笑

☆ こんばんは。

お花いっぱいですねぇ。 お天気はちょっと残念だったみたいですが、秋もなかなか良いのでぜひまたお越しください。 私もこの先(中ノ岳)が未踏なのでまた行かないと。

メッチャ近いんだけど今頃の季節はなかなか足が向かないエリアなんですよねぇ‥。 虫が多くて。

☆ コメントありがとうございます♪♪

■あきさん

お花をみるしか楽しみがありませんでした(^^;
まぁ梅雨ですし、仕方ないですね。

越後の山は本当に気持ち良い山が多いので
近いのはうらやましいのです。
雄大な山容を見ることができず心残りですので
秋には是非中ノ岳も絡めて縦走したいです。
    
    管理者にだけ表示を許可する


Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

FC2カウンター

プロフィール

ぐうたらのんすけ

Author:ぐうたらのんすけ
【性 別】  ♀     
【趣 味】
☆山登り☆ 
2009年8月23日
百名山完座しました♪
☆スキー☆
冬場は毎週スキー場に出かける筋金入りの「変態」
2008年/3月に夫婦同時に「テクニカルプライズ」に合格しました★
       
ビールが大好き♪食べることも大好き♪
だから・・・万年ダイエッターです。   

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ


残雪の会津駒ヶ岳【百名山】 ≪         HOME         ≫ 焼肉 石打ドライブイン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。