--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/07/07 Tue  05:15
花の名山 早池峰山【百名山】

本当は7月にとる夏休みで行く予定だったのですが、
晴れの予報にまるさんが木曜日の夜突如提案してきました。
この山だけに咲く固有種が多く
是非ともお花の季節に登ってみたかったので快諾。

金曜日20時過ぎに自宅出発、
運転を交代しつつ午前3時前ようやっと河原坊のキャンプ場に到着しました。
500kmを越えると遠いです。

【ご注意】
岳駐車場~江繋地内間午前5時~午後1時までマイカー規制実施中です。
(期間:6月第一土曜日~8月第一日曜日要確認)


河原坊に5時までに入れない場合は、
手前の「岳」という駐車場に停めて、バスでの移動となります。
河原坊には15台くらいの車が止まっていました。


☆ 山行記録 ☆

******************************

■早池峰山(はやちねさん)1914m:岩手県【百名山】
日 時:2009年6月26日(土)
天 候:曇りのち雨のち晴れ暴風(笑
行動時間:4時間10分
河原坊(7:20) → 早池峰山(9:10/10:20) → 小田越(11:30)

*******************************


5時半、一番のバスの音が聞こえてきました。
満員のバスがあわせて5台通過していきました

朝5時過ぎに車から出ると駐車場の出入り口にはロープが張ってありました。
P1050794.jpg

どうせ13時までマイカー規制で駐車場から出れません。
小屋に寄って情報収集
P1050798.jpg

咲いているお花の名前が書いてありました。
見たかったヒメコザクラの名前はありません。
今年はやっぱりお花が早いのかなぁ。
P1050800.jpg

登る前から小屋の周りにハクサンチドリがお出迎えしてくれました(笑
ハクサンチドリ

ノンビリ7時20分河原坊出発
P1050801.jpg

携帯トイレの利用が推奨されていました。
登山口で350円で携帯トイレを購入します。
(頂上の小屋でも販売していました)

さすが花の名山登り初めから沢山の花のお出迎え。
ナダラカな道沿いを歩いているとタニウツギが満開
P1050802.jpg P1050803.jpg

タチカメバチソウはが沢山咲いていました。
とっても小さくてとってもカワイイ~~萌え~~
タチカメバソウ タチカメバソウ2

ベニバナイチヤクソウ オサバグサ
ベニバナイチヤクソウ オサバグサ

早々に沢の渡渉があります。
今年は空梅雨だそうで、水量は少ないです。
P1050804.jpg

水場がありました。美味しかったです。
P1050821.jpg

何度か沢を渡り、どんどん沢を登りつめていきます。
P1050817.jpg

ゴロゴロ岩をよじ登るようになると
ミヤマオダマキが沢山咲いていました。
このお花は下からみるととってもカワイイと思います。
ミヤマオダマキ

どんどん急になり苦しくなって来たところで、
待っていましたハヤチネウスユキソウ
キターーー
ハヤチネウスユキソウ

ミヤマシオガマのことをまるさんにヨツバシオガマと教えるのんすけ
お花の名前はむずかしい・・・。
ミヤマシオガマ

どんどん岩場は急になりますが、お花が多いのでお休みどころ満載
P1050835.jpg

チングルマはもう終わりかけ、穂になっているものも多かったです。
ミヤマキンバイ(だと思うんですが)
P1050877.jpg P1050853.jpg

ミヤマカラマツソウ、ミヤマヤマブキショウマ、
ミヤマカラマツ ミヤマヤマブキショウマ

多分クロユリ、コイワカガミ
クロユリ 

キバナノコマノツメ、?ツツジっぽいですね
キバナノコマノツメ P1050851.jpg 

ノビネチドリ、ハクサンチドリ
ノビネチドリ ハクサンチドリ

ムシスミレ、その名の通り虫を食うスミレちゃん
ムシトリスミレ

ナンブイヌナズナ、ナンブトラノオ
ナンブトラノオも早池峰の固有種だそうです。
ナンブイヌナズナ ナンブトラノオ

ミヤマアズマギク、ウラジロヨウラク
ミヤマアズマギク ウラジロヨウラク

イワベンケイ&ミヤマシオガマ
ホソバイワベンケイ&ミヤマシオガマ

それは大満足のお花畑でございました。
P1050903.jpg

まきchinさんはここらへんでヒメコザクラを見ていたはずと
目を皿のようにして岩陰を探しますが、ない。ない。ない。
残念ながら、ヒメコザクラは見つけられませんでした。

鎖場をよじのぼり、(まるさんは巻き道(笑)
P1050871.jpg

9時10分 山頂到着
沢山の人で賑わっていました
P1050880.jpg

P1050884.jpg

晴れの予報のはずが風も強く、雲行きも怪しい。
避難小屋にはいってご飯を食べることにしました。
小屋の中には私たち2人と管理人さんの3人だけ。
管理人さんは交代で、小屋の番をしているそうです。

「ゆっくりしてけ~~」

東北の人って親切な方が多い気がします。

お言葉に甘えてゴホウビ~~

ご飯を食べていると、益々外は真っ黒になってきました。
一雨くるべと管理人さんがいった直後、雨がザーっと降って来た(らしい)

のんすけさん、またしてもセーフ。
雨と同時に、沢山の人がワーーーっと小屋の中に避難

あわてて靴を脱いで1階の奥に避難
みんな靴を脱ぐのが面倒なのか、もう上がり口は人で満タン。
靴を脱いであがった女性の一人が、靴の置き場に困り

そのままドンっと床に置いた

山でキレイ汚いもないけれど、小屋はみんなが使うもの。
使う人は汚さないのがマナーじゃないかと思います。

さて、寒気がはいったせいで雷雨になったようです。
雨もやみ、人は続々と出発していきました。ほっ

寒くなってきたので、出発することにしました。
P1050889.jpg

出発してすぐにまた通り雨
あわてて傘を差しましたが、
強風で傘がチューリップになって壊れました(笑

あーあ、某スポーツショップの景品だからいっか
もすぐに止んでくれました。

木道は、コイワカガミの群生が見事。
コイワカガミ

ミネザクラも咲いていました。
P1050892.jpg

は止みましたが、猛烈な風が吹き出しました。
帽子もできず、自分の髪がホホを殴って痛い。
お花畑は素晴らしかったのですが、逃げるように下山しました。
P1050905.jpg

山頂が見えなくなった頃、風も少しましになり
お天気も回復していきました。
P1050907.jpg

目の前には団体様が下山中。
P1050908.jpg

ノンビリ行こうと思っていたら、譲っていただいた。
急ぎ足で下山していたら、ツルリと足がすべり
みなさまの目の前でズドーーンとコケました。
恥ずかしかったです。

最後はマイヅルソウの群生に見送られ
P1050913.jpg

11:30 小田越に到着しました。
P1050915.jpg

記念撮影♪
P1050921.jpg

30分歩こうかとも思ったのですが、バスに乗車して12時前に河原坊に戻ってきました。
P1050923.jpg

さて、13時までは通行止めなので駐車場に缶詰です。
みなさん車の回りでお食事したり、のんびり過ごしています。

靴を洗って(まるさんが)、着替えて車で仮眠。
あっという間に13時になりました。
岳の売店でバッチを購入し、
ついでにもう絶版したという、早池峰連嶺の花という本も購入しました。

さて、風呂に入って盛岡に移動します。
お風呂はまきchinさんのレポで気になっていた
「鉛温泉 藤三旅館」へ行くことにしました。

旅館の立ち寄り入浴の場合15時までのところも多いので電話で確認すると

「朝の7時~夜の20時入館〆切、21時までご利用いただけます」

えーー、あまりに長くて驚きました。

東北は湯治場が多いですね。
自炊部と旅館部がありました。
P1050926.jpg

建物の風貌は道後温泉のような趣。
中も風情あり、期待が高まります。
P1050928.jpg

ここの温泉の名物白猿の湯
日本一深い自噴天然岩風呂。

女性専用時間と混浴時間帯に分かれているようです。
14時~15時が女性専用時間帯で、入館したのが14時45分!!!
ギリギリ入ることができました。

写真はNGでしたが、1.25mもある温泉は入ると
156cmの私は顔がやっとこでる深さでした。
あっという間に顔から汗が吹き出る体温まる温泉。
なめたらしょっぱかったです。

白猿の湯にはシャワーがついてなかったし、時間もなかったのでつかっただけ。
今度は15時から女性時間帯だという
白糸の湯へ移動。
まるさんが出てきました(笑
ここは、めちゃくちゃ施設がきれい!!
泉質が全く違うようですが、
湯船からザバザバ流れ出るほど湯量が豊富。
露天ではありませんが、窓前回の目の前には滝が流れていて
心地よい風が吹き込んでとても気持ちよかったです。

これで700円は安い!
同じ頃にはいった女性は3つのお風呂を楽しんだそうです。
お風呂好きの方にはオススメです。

大満足の後、盛岡に移動

盛楼館で焼肉+冷麺を食べた後、道の駅にしねに移動。
あっという間に就寝したのでございました。

つづく
Comment

☆ No title

昨年藤三旅館に泊まって翌日早池峰に登りました。
良い山ですよね~♪
ヒメコザクラは僕も見つけられませんでした。
もっと早い時期に咲いてるのかな?

藤三旅館は何気に湯治部が良い感じですよ。
食事つきでも5000円チョイと安いしね。
お風呂もたくさんあって1日楽しめます。

☆ コメントありがとうございます♪♪

>Michyさん

あっそうか!去年の夏休み東北でしたよね。

本当にとっても良い山でした♪
藤三旅館の湯治部はそんなにお安いんですか!
お風呂もそれぞれ本当に良かったです。
今レポ読みにいったのですが、泊まりたいですね。

ヒメコザクラ、Michyさんも見れませんでしたか。
去年6月に行った人が見れたようなので期待していたのですが、無理でした。
もともと数も少なく、なかなか見れないも&もうちょっと早い時期のようです。
紅葉も良さそうだし、また再訪したいです☆

☆ ステキな山でしたね~♪

のんすけさんとは、一日違いでしたけど
やはり週末は人、多いですね。
皆さんお花がお目当てみたいで
改めて人気の高さを実感しました~。

それからヒメコザクラ。
自分も確認できませんでした~。
そこまで注意深く見ていなかったこともありますが・・・

この日は秋田駒にいたのですが
そちらも雷雨だったんですね~。
我が家も降る前に小屋へ避難していたので
濡れずに済みました~。

この山、意外とお手軽だったし
季節をずらしてまた再訪したい山ですね!

☆ 花いっぱい!

わぁ、参考にしていただいちゃって恐縮。
ヒメコザクラは、昨年河原の坊から登ったとき、山頂直下に一輪だけ咲いていたのでした。

でもでも、色とりどりの花畑!早池峰だぁ~!!

鉛温泉もいいですよね。
まきchinたちはタッチの差で白猿の湯には入れなかったのですが、白糸の湯もほんとにいいお湯でした。

ああ、また行きたい。

☆ コメントありがとうございます♪♪

■ここあパパさん

1日違い残念でした。
お互い小屋の中にいるときの雷雨で良かったですね~~
普段の行いです(笑

手軽さとお花の素晴らしさ
団体さんが多いのもうなづけるお山でした。
ここあパパさんもヒメコザクラ見れませんでしたか。

私はもうそれは目を皿のようにして岩の陰を覗き込んでいました(笑
まるさんに「えー、山頂付近に沢山咲いていたよ」
と言われたときは、悲しくてもうマジで半べそ(結局別の花でした)
今年は終わってしまったんでしょうね。あきらめがつきました。

秋田駒もお花の季節がすばらしいみたいですね。
来年のお楽しみにしたいと思います。

☆ コメントありがとうございます♪♪

■まきchinさん

丁度同じ時期だったのでレポ超参考になりました。
どうもありがとうございました。

ヒメちゃん山頂直下にあると書いてあったので
特に目を皿のようにしていたんですけどね。
小屋に書いてないということは終わっていたんでしょう。
滅多にみれるものじゃないみたいなので、
まきchinさんがうらやましーーーです。

温泉情報も有難く頂戴いたしました。
まるさん超お気に入りになりまして、
岩手山の帰りも入りたい!!とうるさかったのですが
距離をみて諦めてました(笑
    
    管理者にだけ表示を許可する


Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

FC2カウンター

プロフィール

ぐうたらのんすけ

Author:ぐうたらのんすけ
【性 別】  ♀     
【趣 味】
☆山登り☆ 
2009年8月23日
百名山完座しました♪
☆スキー☆
冬場は毎週スキー場に出かける筋金入りの「変態」
2008年/3月に夫婦同時に「テクニカルプライズ」に合格しました★
       
ビールが大好き♪食べることも大好き♪
だから・・・万年ダイエッターです。   

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ


週末の記録 ≪         HOME         ≫ 南部富士 岩手山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。