--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/07/29 Tue  22:07
南アルプス南部縦走 3日目 極上のスカイトレイル

プロローグは → こちら
1日目 聖岳登山口 → 聖平小屋(泊)
2日目 聖平小屋 → 聖岳 → 百間洞小屋(泊)

ダイヤモンド赤石
P1000195.jpg


☆ 山行記録 ☆

*****************************
■赤石岳(あかいしだけ)3120m 静岡県【百名山】
■悪沢岳(わるさわだけ)3141m 静岡県【百名山】

日 時: 2008年7月21日(月)
行動時間:11時間45分(歩行時間:8時間45分)
百間洞小屋(4:50) → 百間平(5:55/6:10) → 赤石岳(7:50/8:35) → 大聖寺平(9:40/9:50) → 荒川小屋(10:20/11:25) → 荒川中岳(12:55) → 荒川中岳避難小屋(13:05/13:35) → 悪沢岳(14:45/15:00) → 丸山(15:30) → 千枚岳(16:10) → 千枚小屋(16:35)
*****************************


やはり長丁場歩かれるので、みなさん行動が早い。
2時過ぎからゴソゴソ行動をはじめている。
目もさめちゃったし、と3時起床して準備をはじめる。
○さんも4時前に起き出した。

自炊部屋に行くと既に満杯。
ネゴシエーター○さんが動く。
朝食前の食堂を10分だけ使わせてもらえるという。流石だ。
フリーズドライの雑煮を食べる。

外に出てからも水を汲んだり、トイレに行ったりしている間に
千枚小屋へ進むといっていた方は皆様既に出発してしまった。
今日も最後・・・。

4時50分 出発

テントじゃないのに、この準備の遅さはなんなんでしょう。
テント場を通り抜け、
P1000188.jpg

九十九折の道を登っていきます。
P1000192.jpg

決してスピードが速くなっている訳ではないけれど歩くのがダイブ楽になりました。
食料が軽くなってきていのかな?

雲上の世界です!
中央アルプス・御嶽山
中央アルプス方面

北アルプスが雲海の上に顔を出している。
北アルプス方面

振り向けば昨日歩いてきた道が見えます。
聖方面(3日目)
上記3枚クリックで拡大します

5:55 百間平

しばらく気持ち良いなだらかな道を歩き、いよいよ赤石岳への登りにさしかかる。
P1000206.jpg

赤石岳まであと30分。
昨日からこの看板どおり歩けた試しがありません。
旺文社のエアリアマップのコースタイムは40分。

ジグザグの急坂を登りきるところで30分経過。
ここを登り切ればきっと山頂なのか?と思いながら登りきると・・・

小屋はやっぱりまだ先でした。ガックリ。
P1000207.jpg

7:50 赤石岳山頂70座目!
P1000213.jpg
(後ろに富士山もクッキリ)

ちょっと休憩して、避難小屋にご褒美買いに行きました。
P1000218.jpg

前日の宿泊状況を聞くと、定員40名のところ50名。
定員オーバーの寿司詰め状態だったそうです。
逆から回ったらまさにその日に赤石避難小屋に泊まろうと
思っていたので危ないところでした。

小屋でポカリとなっちゃんを購入。
ウマーーー。
P1000221.jpg P1000224.jpg

さて、みなさま。
この山行でお気づきでしょうか・・・

山頂でビール飲んでないのーーー(TT)

エェ、大荷物を抱えて何百mものアップダウンを歩くと思うと
流石の私も山頂だからといってビールは飲めませんでした。

山頂に戻り、座り込みます。
心地よい風が吹く中、こんな気持ちいい景色を見ていると
ずーっとボーっとしていたい気分になります。

荒川三山はもちろんのこと、
赤石岳から荒川三山方面

仙丈ヶ岳・塩見岳・甲斐駒ヶ岳・北岳・間ノ岳・農鳥岳がクッキリ見えます。
赤石山頂から展望
(上記2枚ともクリック拡大します)

今度は3泊4日で赤石・悪沢をノーンビリ巡ろうと心に誓う。
(しかし、今度来た時に快晴かは不明なのであーる)

後ろ髪をひかれつつ、赤石岳を後にしました。
気持ちいい稜線ですが・・・
P1000230.jpg
小赤石を越えグングン下ります。
P1000235.jpg

来た道を振りかえってみると、、、見上げるほど
P1000237.jpg
もうこんなに降りたのかと驚きます。
降りるのは早い。

○さんと徐々に距離が離れます。
下り早いなーと思っていと・・・

9:40 大聖寺平手前で○さんヘバル
ザックを下ろして10分休憩

ここから荒川小屋までは平坦な歩きやすいトラバース道でした。
雪渓を渡り
P1000241.jpg

10:20 荒川小屋に到着
P1000245.jpg

ご褒美に一切れ300円のスイカとコーラ♪
P1000242.jpg P1000243.jpg

うまーーーい。

おなかがすいたので、お昼にすることにしました。
チキンラーメン
P1000244.jpg

テント場は眺めよく気持ち良さそうです。
既に張を張り休憩モードの人がいて
スゴイうらやましい!!!

さて、そろそろいい時間になってきています。
今日のゴールをどうするか話し合います。

朝から○さんは頑として「千枚小屋」を譲りません。
時間も時間ですし、私は中岳避難小屋でノンビリしたいという気持ちもあります。
稜線上で朝日を拝めるし。

結局、荒川小屋でノンビリ1時間以上休憩してしまいました。

水を満タンにして出発。

ここからまた約500mの登り返しです。
んもーですね、登り返しドーんと来いですわ。
休憩がきいたのか元気に登れます。

11:45 水場を通過
P1000248.jpg
ここの水場は涸れる場合もあるようです。
小屋に要確認です。

水場の先、上から何やら奇声がしてきました。
すれ違った方に
「この先、子供の奇声がするあたりで、雷鳥の親子がいましたよー」
というので楽しみにしていたのですが
奇声をあげていた、中学生らしき子とすれ違った後
○さんの前にサーーっとかけぬける影。

子供の奇声により、雷鳥は逃げてしまったようです(TT)
子供のバカッ!

ここからが私のお楽しみの花畑♪
まだまだ満開ではありませんが
登山道から離れた斜面に花畑ありました。
P1000267.jpg

斜面一面の花畑の中を九十九折に登っていくのを夢みていたのですが・・・
ここはまだまだ蕾。
P1000257_20080729221544.jpg

またのお楽しみです。

前にも後ろにも私たちの方向に進む人はいません。
荒川小屋が最終目的の団体さん数組とすれ違うようになります。

みなさん私たちのザックを見て行き先を聞いて
激励の言葉をかけてくださいます。

九十九折の道を登りきり分岐。

ここで失態です。
荒川前岳の山頂を山頂を踏み忘れました。
大崩落を見たかったのに・・・。

12:55 荒川中岳
フヘーーなまるさん
P1000271.jpg

周りはすっかりガスに覆われて、楽しみにしていた塩見岳・農鳥岳方面の展望はえられませんでした。

とりあえず、荒川中岳避難小屋に進みます。
P1000273.jpg

なんだかビミョウな時間ですね。
小屋の管理人に「もう遅くて危ないから」と
引き止められることを期待したりします(w

雪渓でキンキンに冷えたポカリとみかん缶購入
P1000275.jpg P1000276.jpg

管理人さんとお話します。

・7月にはいっても気温があがらず、花が遅いこと。
 2~3日前からやっと気温があがったそうです。
・小屋付近をテリトリーにしている雷鳥は6羽の子供がいること
・赤岳避難小屋の管理人さんはギブアップするのが早いこと
(定員を超えるとギブアップしてさわらじまからヘルプ人員の要請をするらしい。)
そういえば、今日避難小屋にジュースとバッチを買った時
女性が小屋にいました。その女性がヘルプだったとか。
長靴をはいた管理人らしき方は山頂付近をブラブラしてたっけ。
ヘルプが来ると、遊びに行くのが常らしいです(笑
・この三連休の中日ですらこの小屋は7人のみだったこと。

そして一言

「今日は誰も泊まらないかもなー」

あぁ、私たちは行くのが前提でお話されている。

ここから千枚小屋まで3時間
夕方雨がくるかもしれないけれど、雷は大丈夫そうなこと
悪沢岳手前の登りがキツイこと
悪沢岳の先は2回多少の登りがあること
千枚岳の手前が少し危ないことを教えてもらい
名残惜しいですが出発です。

結局、中岳荒川避難小屋に30分もいました(^^;

出発すると、管理人さんが指を差して

「雷鳥の親子いるよ!」

キャーーいたいた。
雷鳥親子

めっちゃカワイイ雛ちゃん、しっかりカメラ目線
雷鳥子2

雷鳥親子の動向を見ている間に、一人男性が悪沢岳方面から到着しました。
ここで泊まる人でしょうか?

さて、先に進みます。歩きやすい道を緩やかに下ります。
すっかり悪沢岳はガスの中でしたが、
ここからのお花畑はとてもステキでした~~
P1000295.jpg
P1000296.jpg P1000299.jpg P1000302.jpg
P1000313.jpg P1000342.jpg

悪沢岳の最後の急登
流石にツライですがお花元気をもらいます。
P1000303.jpg
そして晴れ女の底力は、やはり健在なのか。
山頂に近づくとガスがさーっと晴れてきた。
P1000308.jpg

14:45 悪沢岳(荒川東岳)山頂
今回の最高峰3141mです。
晴れ女の威力は持続せず、またガスりましたが・・・
バンザーーイ
P1000316.jpg

百名山で誰もいない山頂は久しぶりです。
(この時間じゃ当たり前)

残念ながら、赤石方面、塩見方面は閉店で
展望は望めませんでしたが、ここまで歩けただけで大満足。
ここでも15分程休憩して出発。

ガレガレの岩場を注意しながら歩き
P1000323.jpg
穏やかな道をゆるゆる登ると
P1000324.jpg

15:30 丸山
この山はオレ!「まるさーん」
P1000329.jpg
ブッブーー、正解は「まるやま」

丸山から千枚岳までは、岩場も多く
横はガケなのに道幅の狭い道を通るので、
結構気を遣う道でした。
本日最後の登りです!
P1000343.jpg
(私はもういっちょ登りがあると勘違いしてました)

16:10 千枚岳
P1000344.jpg

さっきいた悪沢岳はもうあんなに遠いのです。
P1000345.jpg
千枚岳頂上に人がいてビックリしました。
千枚小屋から写真撮影しに来ていたようです。

あとは下るだけ。
「スッタカカッタッター」と気分だけ(^^)

5分程下ると、あと小屋まで20分標識

しかし、今回この標識どおり歩けたことはない(--;
30分ぐらいかかるかなーと思いながら歩きます。

オオサクラソウ
P1000348.jpg

16:35 千枚小屋到着
P1000352.jpg
標識から20分、初めて時間通りに歩けました。

ベンチには聖平小屋からずっと一緒の行程だった方がいて
「お疲れ様~~」とねぎらってくれました。

百間洞~千枚小屋、正直ムリだと思っていましたが、
休憩多めだったからこそ歩ききれたのでしょう。
休憩合計時間3時間。ビバ休憩。

とにかくザックを下ろしてすぐに、カンパーーイ!!!
プハー
P1000353.jpg

今日はテント泊です。
テント場は小屋から離れており、5分程下ったところです。
水場もトイレも小屋脇なので水を汲んでテント場に向かいました。

先客は1組のみ。もう中でお休みのようです。

我が家ができました。
P1000357.jpg

今日のご飯は
麻婆春雨丼(ナス入り)
P1000359.jpg

ここにα米を戻したものを投入!
見た目が悪すぎのため撮影は自主規制しました。

つづく
Comment

☆ お久しぶりです♪

カメラを換えてから、一段と写真の腕もあげたようですね

すいか1切300円はビックリしました
山の上のすいかってそんなに高いのですか?!

あそこまで、持って行く手間を考えるとわからなくはないけれど、、、
そのすいかは山の上だと格段においしいのでしょうね

ちなみにこの時期のテント泊って暑くないのですか?
丸沼は寒いくらいだと丸沼の従業員さんが言っていました

☆ 

荒川岳方面から見た赤石岳の姿に萌え~なんです。
それにしても南アルプス南部の山小屋はきれいになりましたね。
自分が行ったころは荒川小屋はトタン板のボロボロ小屋、百間洞はテン場のみだった覚えが・・・

☆ 

なんかこう、ガンバレーって応援しながら読んでしまいますね。
私もテント装備だとCT通りに歩けないことが多いです。
南ア南部は体力が物を言いそうで永遠に行けないんじゃないかと思っている軟弱者なので、すごく羨ましいです~。
ホント、展望もお花もすごく良さそうですね~。
うう、レポを見てると無謀と分かっていても行きたくなりますね。

この縦走のフィナーレはどんな風に飾られるのでしょう。
楽しみに待っていますね(^o^)/

☆ 

朝、早っv-12
UPダウンじゃなくて、まだ朝早いからi-53自粛してるんですね…オイオイッi-277

山で食べるチキンラーメンはウマいんだろうなぁ~と。

☆ 行きたくなってきました、南ア

はじめまして、ぐうたらのんすけさん

南アルプスいいですねぇ。悪沢、赤石、私も今年は行く予定です。写真の空のブルーもキレイですねっ。
ただ、人スゴイっすねぇ・・・。

☆ コメントありがとうございます

>なをさん
ご無沙汰しています!(^^)
山はなーんでも高いです。
ビールなんて500ml700円とか平気でします。
まぁ荷揚げにヘリや人力と労力&銭がかかりますので仕方ない。
300円喜んで払えるくらい美味しかったです♪

山の上でのテントは暑さしらずです。
標高3000m近くだと真夏でも夜は10度以下に下がることもありますよ~。
だから寝袋も防寒着もダウンを持っていってます。
ただ、日差しは強い日の真昼のテントはサウナ状態になることも・・・(笑

☆ コメントありがとうございます

>Michyさん
荒川に到着したときはもうガスの中で赤石見えませんでした。残念。
今度は逆回りでノンビリ登りたいです。
でも・・・塩見から光も繋げてみたい。
(さすがに北岳からとは言えません(^^)

東海フォレストの息がかかった山小屋はみんなキレイでした。
トイレも紙つき&水洗!さすが東海パルプの子会社!(笑
水も豊富だし、アクセス以外はとても環境の整ったところだと思います。
百間洞名物の揚げたてのトンカツは絶品らしいです。
すごい良い匂いでした。食べればよかった・・・(TT)

☆ コメントありがとうございます

>山空花さん
応援ありがとうございます(笑
いやー、20kgのザックはキツかったです。
3日目は楽になってきたので、20kg前後の1kgって大きいことを痛感しました。

南アルプス南部は初日がツライと思うので
(バスの始発8時ですからね・・・)
前日椹島ロッジに宿泊すれば、ダイブ楽になると思います。
働いていると強行になってしまうんですけどね。

終わってみれば「楽しかった」ですから(^^)
景色も素晴らしく、お花も豊富で水も美味しい。
魅力沢山の山なので、ノンビリとでも是非。

えー、フィナーレですか?期待しないでください(汗

☆ 

>mako10さん
これでも、出発遅いほうなんですよ。
みんな朝の3時とか4時とかに出発しちゃうんです。

そっか、早いからビールがなかったのかーー。

たががチキンラーメンなのですが、
下界で食べるより何倍もうまいんす。
下界では当たり前のことを幸せに感じられる。
二度と登るものか!と思っても降りてくると楽しい思い出に変わっている
これだからやめられないんですわ。山は。

☆ コメントありがとうございます

>ZENITHさん
はじめまして、コメントありがとうございます。

本当に天候に恵まれて最高の山行を楽しむことができました。
初日、二日目の登ってるときは地獄だったんですが(笑
南アルプス南部はクセになります。

私は通常ルートと逆周りだったせいもあり、
バス以外は比較的静かな山行を楽しむことができました。
ZENITHさんはいつ登られるのですか?
お盆を過ぎたら、もしくは週末を避ければ
バス停の喧騒は避けられるかなと思います。楽しんできてください。

☆ 

臨場感あるレポートです。その苦しさ、テン泊実行しようとしている私にとってリアル過ぎです。
一緒に苦しい感じになってしまった。あかーん
それでもCTきっちり行ってるんだもん、のんすけさんは既にすごいですねやっぱり。
なんだかんだいってやり遂げちゃうんだろうなぁと思ってました~

苦しさとかめげそうな気持ちとか、そういうのを省かず表現してくれるレポートって好きです。
ほんとは結構ヒィヒィだったのにサクサク目的地をクリアしてしまうレポって、自分にもできそうなんて誤解しちゃうから。
私にはきっと何年かかっても歩けないコースですが、レポで堪能させていただきました…

ところで食材に卵を使用しているようですが、下界から持っていきました?
夏山の卵は温度管理が心配なんですが、保冷してますか?室温(ザック内の)ですか?

☆ 

>プカプカさん
お恥ずかしながら、自分の力を過信していたんです。「20kgぐらい楽勝」みたいな。
この世の終わりぐらい辛かったです(笑
二度とやらないと思っていたのに、夏休み同じことをやってしまいました(笑
辛くてもおなじことをやってしまうとは、
山は本当に不思議な魅力があるなぁと思います。

玉子は担ぎ上げました。(ケースはアウトドアショップなどになるハードなケースです)
常温で最終日4日目でも全然問題ありませんでした♪
結構要冷蔵の真空パックを凍らせて保冷バックに入れて
持って行ったりしちゃっています(^^)
プカプカさんもテントデビューに向けてがんばってくださいね♪
    
    管理者にだけ表示を許可する


Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

FC2カウンター

プロフィール

ぐうたらのんすけ

Author:ぐうたらのんすけ
【性 別】  ♀     
【趣 味】
☆山登り☆ 
2009年8月23日
百名山完座しました♪
☆スキー☆
冬場は毎週スキー場に出かける筋金入りの「変態」
2008年/3月に夫婦同時に「テクニカルプライズ」に合格しました★
       
ビールが大好き♪食べることも大好き♪
だから・・・万年ダイエッターです。   

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ


南アルプス南部縦走 2日目 怒涛のアップダウン ≪         HOME         ≫ 3度目の正直 八ヶ岳 その1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。