--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/05/15 Sat  16:10
2010年GW2日目:日帰り唐松岳

出発編は → こちら
1日目は → こちら

朝5時起床。

朝7時半ゴンドラ開始です。
第二駐車場(無料)に停めて小屋泊の準備

ゴンドラに歩いていきます。
P1100311.jpg

例年のGWは桜が満開なのですが、今年は4月の寒さの影響でまだ蕾。
今にも咲きそうなんだけど・・・
P1100318.jpg

途中でザゼンソウが咲いていました。
こんな道端に咲いているとは
P1100315.jpg





☆ 登山記録 ☆
-------------------------------------------------
■唐松岳(からまつだけ)2696m/長野県・富山県
日 程:2010年5月2日(日)
天 候:快晴
行動時間:6時間10分(休憩含む)
八方池山荘(8:30) → 第一ケルン(8:50) → 第二ケルン(9:05) → 上ノ樺付近(9:40/9:55) → 丸山(10:25) → 唐松岳頂上山荘(11:10/11:40) → 唐松岳(12:05/12:20) → 頂上山荘(12:40/13:05) → 八方池山荘(14:40)
-------------------------------------------------


ホテル前とゴンドラ駅でゲートトレしてるスキー仲間たちに会いました。
お○カがヒトリ~~
D.jpg


7時半ゴンドラ運行開始。
P1100322.jpg

チケットを購入して、ゴンドラに乗車しました。
パノラマでゲートトレの人たち。ガンバです。
P1100324.jpg

リフトを乗り継ぎ
P1100325.jpg

あっという間に八方池山荘に到着しました。
P1100329.jpg

思ったより人が多くてビックリです。
みんな小屋に泊まるのでしょうか。

アイゼンは装着せずに出発
団体様の直後をノンビリ歩きます。
P1100331.jpg

第一ケルン
P1100334.jpg

日焼け対策はバッチリです
P1100338.jpg

第二ケルン
P1100341.jpg

2~3組の団体様を抜かすと人が少なくなってきました。
始発のゴンドラに乗った人たちあたりに追いついたようです。
順調に登っていきますが、途中で左足のカカトがチリチリと痛い。マメの予感。
フリースで登っていますが、時より吹く風は冷たいです。

しばらく登っていると
右手から雷のような「ド~~ン」という大きな音がしました。

何かと思ったら、雪崩です。

一気に崩れるとすごい音がでるんですね。
ああいうのに巻き込まれたら人間最後でしょう。
自然の厳しさを感じた一瞬でした。

雪の中の八方池を通過すると
徐々に斜度が増してきました。
足のカカトが痛くなってきたので絆創膏とテーピングで補強。
アイゼンも装着しました。

ここのテントの横で装着&休憩
P1100347.jpg

丸山までは少し斜度がきつくなりました
P1100350.jpg

丸山
P1100351.jpg

あともう少し!!!
P1100352.jpg

最後は痩せた尾根を通過。
普通にあるく分には問題ないですが風が強かったら怖いかも。
P1100359.jpg

登りきると、立山・剣方面がドド~ンとお出迎えしてくれました。
先週よりガスがかかっていますが、やっぱりいいねぇ。
P1100361.jpg

頂上小屋で休憩
P1100366.jpg

風が冷たいのでジャケットを着込みます。
お手洗い(有料:100円)ついでに小屋の混雑状況を聞くと
「何ともいえない。昨日は空いていたとのこと」

冬のテン場は小屋の横にありました。
夏より小屋に近くていいですね。
P1100402.jpg

ほぼ同時に小屋に到着した男性3人組に
「五竜に向かいますか???」と聞かれました。

GWのみ五竜山荘は営業しているとのこと。
夏場も怖いあの道を、今の時期に行く勇気は持ち合わせておりません。
まるさんのヒザもアレですし

休憩後、唐松岳頂上に向かうことにしました。
P1100365.jpg
頂上直下がイヤラシイ雪のトラバースがあるので
ピッケルを持って出撃です。

稜線上は雪が薄いですね。
山スキーのおにーちゃんが雪の玉を作って落下させています。
弱層テストでしょうか。

あっ!
P1100372.jpg

雷鳥がお出迎えしてくれました♪♪

メス!美人さんですね。
P1100373.jpg

オス!太い足がなんとも親近感
P1100376.jpg

ペアで仲良く、カワイイ
P1100382.jpg

頂上直下のトラバース。
すれ違いができないので、譲り合いです。
P1100385.jpg

唐松岳山頂!!!
P1100387.jpg

北ア一望に大満足
P1100388.jpg
P1100390.jpg

さて、下山します。
雪山ではじめての試練
行きはよいよい帰りは怖い~~。
P1100394.jpg

下りの雪道のトラバースは恐怖心との戦いです。
しかも初めてのピッケルなのに利き手ではない左手でブスブス刺さなければなりません。
滑落したら奈落の底(なのかは、怖くてみてないからわかりません)
「下は見ない、下は見ない」ブツブツ独り言。
ピッケルを刺して一歩一歩足場を確認しながら下山しました。

いや、怖い場所は10mあるかないか。
手に汗握りましたが、その後は雷鳥で癒されました。
10分以上眺めてたかも(笑
P1100396.jpg

小屋に戻ると、山頂に向かうべく準備しているご一行のリーダーが
驚愕の一言を発しました。

「10分前にあそこ(トラバース)で滑落がありました」

エェェェェェ!?

眺めると確かに落ちた跡がありました。
幸い3m程下の岩場で止まったようで大事に至らなかったようです。

さて、今晩ここに泊まるか否か再度お話し合い。
っていうか決定権は私なのですが。
今から下山したら最終のゴンドラに余裕で間に合う時間です。

山で過ごす夜明けは魅力的なのですが、
小屋は今日混むかもしれない。
美味しいもの食べて、温泉にもはいりたい。

下山決定!

下山開始。
日帰りする人も多いようです。
P1100407.jpg

雪山の下りは楽しいですね。
シリセードしたいけれど、ソリがないから座っても滑らない
今度はオシリにひくソリが欲しいです(^^)

ザッブザッブ小走りしながら下山していたら
最後は靴擦れの豆が痛みだし+体力不足でパワーダウン。

足をひきずりながら八方山荘へ下山してきました。
P1100411.jpg

兎平のコブは深そう。
P1100413.jpg

沢山の人が勇敢にコブに立ち向かっておりました。
あー滑りたい。
P1100414.jpg

下界は暖かかったのでしょう。
下山したら桜が咲いてました(^^)v
P1100422.jpg

P1100417.jpg

温泉にはいったあと
夕食はグリンデルへ → こちら

おなかいっぱいの後、
白馬から長野方面に少し走った公園の駐車場(トイレ付)でおやすみなさーい。
(名前は失念してしまいましたが、ここからは白馬方面が良く見えてまるさんのオキニイリです)

つづく
Comment

☆ すごい♪

あらー生雷鳥だ!!!すごいっ!!!
景色もいつもながらにすごいですねv-10
仲良し2ショットが素敵っす☆

☆ 

滑落現場の跡が見たかった…(笑
GWの唐松、手軽に行けていいですね。

雷鳥のオスメスってどういう風に見分けるんですか?
やっぱ筋骨隆々としてるのがオス?(笑

そうそう、某掲示板で話題になってた滑落と重さの関係、
軽いから止まりやすいってことはないみたいです。
富士山で滑落してた人の横を、その人がかぶってたヘルメットがとれて、
同じ速さで滑り落ちてたそうです…
重さよりも、雪面にあたる面積が広く、摩擦が大きい方が止まりそうですね。

☆ No title

八方のスキー場もまだ雪がたっぷりあるんですね。今年はシーズン長そうです。
下りのトラバ-スは嫌なもんですね。アイゼンをがっちり利かせて滑落しないように!

☆ いい眺め~

ご無沙汰しておりますm(__)m

まるさんの膝、その後いかがですか?
確か手術されるんですよね?
一日も早いご回復、お祈りしていますね。

で、スキーでなくても雪の中~ですね(笑
唐松岳、景色も良くて雷鳥さんも見れて(しかも白い!)何ともお買い得な山ですね。
とはいえ、私には山頂直下のトラバースはブルブルものなので小屋までで十分です。
そろそろGW時期の遠征ネタが尽きてきているので来年は残雪の山にチャレンジしてみようかな?

☆ No title

その眺めのいいトイレって長野方面に向かって右手の「サンサンパーク」かも・・・。

あそこから見える北アルプスも勿論ですが、五竜~栂池までを見ると、ココロが和まされます♪

リアル雷鳥が見られるなんてスゴイ!!
さらにつがいなんてステキ

ワタシはリアルは見たことないですが「雷鳥の里」でお会いしています(爆)

その次はどちらに行ったのでしょうか?
レポお待ちしています

☆ コメントありがとうございます♪♪

■やまたかちゃん

今の時期はペアで仲良しさんに見えるけど
抱卵はメスのみで、オスは見張り。
生まれるとペアは解消されちゃうんだよー。

メスが一羽で子育てするんです。
初夏にはカワイイヒナちゃんとメスの親子が見れるよ~~。

☆ コメントありがとうございます♪♪

■てるさん

滑落の速度は重さとは関係ないんですね(汗
そういえば、ピンポンも鉄の玉も落ちる速度は一緒ってやってたっけ。
なんとなく軽いほうが止めるとき楽そうな気がしちゃいます。
滑落停止は本でしか読んでないので、キチンと練習しなくっちゃと思います。

そっその富士山で滑落された方は無事だったんです・・よね?

雷鳥のオスメスの見分け方。
体格(そう!オスのほうがずんぐり)とか夏毛(メスのほうが地味)でわかりますが、
私が最初に見るのは目の上。
目の上に赤い肉(にわとりでいう鶏冠?)みたいのがついてるのがオスです。
メスもついてますが小さいんです。

☆ コメントありがとうございます♪♪

■常吉さん

先週も寒かったですよね。
かぐらは新雪まで楽しめたとか???
その後はカリカリだったそうです。5月とは思えません。
うらやましい限りですが、今年はもう滑れそうにありません(TT)

ドジなので、下りのトラバースは緊張しました。
冬山は冒険する前に技量を磨こうと思います。

☆ コメントありがとうございます♪♪

■山空花さん

ご無沙汰してます。お元気でしたか?

まるさんのヒザは普通にしている分にはなんともないようですが、
6月にはいったら手術します。
手術よりも術後のリハビリで全てが決まるので
がんばってもらいたいと思います♪

雷鳥ちゃんは白い姿が一番カワイイですよ~~。
来年のGWは是非残雪の山も候補にしてみてくださいね☆
私も来年は残雪のテント泊したいです。

まるさんの膝次第ですが・・・(^^;

☆ コメントありがとうございます♪♪

■なをさん

そうです、サンサンパークって名前だったと思います。
眺めが最高ですよね。
まるさんが大好きで白馬の行き帰りに必ず寄る場所です。

雷鳥の里美味しいですよねーーー(笑

雷鳥がペアでいるのは今の時期だけです。
カワイイですよ~。是非会いに山に登ってみてください。

☆ No

>そういえば、ピンポンも鉄の玉も落ちる速度は一緒ってやってたっけ。
ガリレオ・ガリレイがピサの斜塔から球を落としたとかいう話もありますよね。

富士山で滑落された方は残念ながら亡くなったようです…

☆ コメントありがとうございます♪♪

■てるさん

鉄の玉をピサの斜塔から落とすなんて発想すごい。
発明や研究は夢の世界ですよね。
夢を仕分けしちゃうのはダメだと思うんですが・・・。
あっ、話がそれちゃいました。

そうですか、富士山は滑り出したら止まらないと聞いたことあります。
すごいスピードになるんでしょうね。


    
    管理者にだけ表示を許可する


Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

FC2カウンター

プロフィール

ぐうたらのんすけ

Author:ぐうたらのんすけ
【性 別】  ♀     
【趣 味】
☆山登り☆ 
2009年8月23日
百名山完座しました♪
☆スキー☆
冬場は毎週スキー場に出かける筋金入りの「変態」
2008年/3月に夫婦同時に「テクニカルプライズ」に合格しました★
       
ビールが大好き♪食べることも大好き♪
だから・・・万年ダイエッターです。   

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ


2010年GW1日目:はじまりは最悪でした ≪         HOME         ≫ まるさんのお膝5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。