--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/21 Thu  00:32
2008年夏休み 北アルプス縦走 ~2日目~

1日目 8月9日(土)新穂高温泉~双六小屋

恐ろしいほど美しい夜明けでした♪

P1000796.jpg


☆ 山行記録 ☆

---------------------
■三俣蓮華岳 2841m 長野県/富山県/岐阜県 【三百名山
■黒部五郎岳 2840m 岐阜県【百名山
2008年8月10日(日)
天  候:晴れ時々曇り
行動時間:11時間(休憩時間含む)
双六小屋(5:30) → 巻道コース → 三俣蓮華岳分岐(7:00) → 三俣蓮華岳(7:15/7:30) → 黒部五郎小舎(8:40/9:20) → 水場(10:30/10:40) → 黒部五郎ノ肩(11:15) → 黒部五郎岳(11:25) → 黒部五郎ノ肩(11:35/11:55) → 赤木岳(13:55) → 北ノ俣岳(14:30) → 太郎山 → 太郎平(15:40/16:10) → 薬師峠キャンプ場(16:30)
---------------------


今日は双六小屋から黒部五郎岳を通り抜け薬師峠のキャンプ場まで
コースタイム10時間の長~~い行動です。

わたし的には日の出前に出発したかったのですが・・・
毎度どなたかの「あと5分」攻撃&
「明るくならないとさ」とかいう攻撃で5時

双六小屋で話した男性に
「今日は太郎平??そりゃまた随分長いねぇ、大丈夫?」と言われますた。
美しい夜明けとともに出発
P1000799.jpg

急ぐ道のりなのですが、
双六岳と巻き道の分岐まで来たところで・・・
私のWC問題発生!
まだ大丈夫だけど黒部五郎小屋まで約3時間はトイレがない。

先に進むか、戻るか・・・

迷った挙句、○さんは分岐に待機。
私だけ双六まで戻るというハプニング~(^^;

5:30過ぎに 改めて!双六小屋出発

時間も時間だし双六岳は見送り、巻き道コースをチョイス。
ところがこの巻き道コース、結構アップダウンがあるのだった。
P1000801.jpg

沢を渡るのにズズィっと下ったあと、登りがある。
途中前を歩いていたご夫婦が休憩したのと同時に、わたしたちも水分を補給
そこでご夫婦が

「熊見ませんでした?沢のところで2m手前を熊が横切ったんですよ!」

こんなにぎやかなところにも熊が出るのかとビックリ仰天。
でも、見たかったというのが正直なところです。

三俣小屋の分岐
前後していた人は、みな三俣小屋へ進んでいった。
わたしたちは三俣蓮華岳方面に進む。

九十九折の急坂を登ると

7:15 三俣蓮華岳到着

P1000816.jpg

バックに槍ヶ岳ドーン
P1000831.jpg


この三俣蓮華岳は
岐阜県・長野県・富山県の県境です。
P1000828.jpg

標高は百名山の黒部五郎岳より高いにも係らず
あまりにも地味な存在なのか300名山という扱いです。

山頂から360度グルリまるみえ
明日行く薬師岳の大きさにホレボレ
手前は憧れの雲の平。
P1000823.jpg
最終日にいけるかな?トンガリ笠ヶ岳
P1000832.jpg

そして・・・これから行く太郎平小屋方面が見えてしまった。
KUROBE.jpg
(クリックで拡大します)

あまりの遠さに愕然としながら、とにかく黒部五郎小屋に向かう

岩のゴロゴロを下ると

8:40 黒部五郎小屋
P1000834.jpg

黒部五郎をピストンして帰ってきたであろう人がテントを撤収している以外
人がいませんorz

ここでネクターミックスとccレモンを「ヒトリで」一気飲み(笑

まるさん下山途中からシャリバテしていました。
黒部五郎小屋から先は7時間も小屋がない。
小屋で何か食べ物を頼もうとすると
「今日は忙しいのでやっていない」とのこと・・・ショック

まる「チキンラーメン食べる」

の「ゴメン置いてきた」

今回は軽量化も考え小屋をフル利用しようと思い、
昼用のチキンラーメンはギリギリになってザックから出してしまったのだ。

「チキンラーメンの重さなんてたいしたことないのに」
と文句を言われてしまった。確かにそうです。ゴメンナサイ・・・

そしてここで○さんから衝撃の一言が

「このままだと薬師峠キャンプ場到着は17時過ぎるから」

それを聞いた私はキレた

「もう行くのムリじゃん。だから早く出発しようっていったんだ!!!」

最終的に私のトイレ問題で出発が遅れたのは棚にあげてます。ハイ。

そのときの私の顔が忘れられないとまるさんは後々語っていた(笑

教訓:無理な行程はケンカのモト

スッカリ停滞気分の私と引き換えに、行動食を食べ出発準備をはじめる○さん
その間に到着した人は宿泊の手続きをとっている。
あー、先に進む人なんてもう誰もいないのに。

シブシブ私も出発。

黒部五郎の象徴である、美しいカール(氷河の侵蝕によってできたスプーン状の地形のこと)
を見ながらユルユルと登っていく気持ち良い道
P1000837.jpg

美しい景色を見ながらウキウキ歩けそうですが、
スッカリ停滞気分だったので足が進まない。

途中で男性が二人休憩していたが、挨拶だけしてスルー。
しばらくするとヘリがやってきた。

どうやら先ほど休憩していた二人組のうち
どちらかがケガをしていたようです。
話し口調が元気だったこともあり、ケガ人と気付きませんでした。
周りをみる余裕のない山行に反省です。

山頂付近に雲がかかりだした。

晴れオンナ ローテンションだと 威力なし(五七五)

急ぐ道なのに雪解け水の水場でゴロンとフテね(笑
「出発しよう」といわれるまでノンビリ。
P1000838.jpg

水場の後は九十九折の急登
P1000839.jpg
「もーやだ」とブツブツ文句いいながら歩いていましたが

11:15 黒部五郎ノ肩に到着

ブツブツウダウダグタグタ登っていた割には、
コースタイムより早く歩けている。
元気がでてきました(現金なヒトです。ホント)

黒部五郎ノ肩にデカザックをデポして山頂へ

11:25 黒部五郎岳

サーーーっと雲が晴れてくれました。
P1000842.jpg

うへへ、晴れ女は元気だと威力を発揮するのだ。
カールを上から眺めます。
P1000845.jpg


黒部五郎ノ肩に戻ってきて
ご褒美のフルーチェで更なる元気を投入しスッカリ機嫌も直った。
P1000848.jpg
自分の気分屋には嫌気がさします。

急がないと、雷が怖い。
でも一組、同じ方面を目指す人がいて少し安心です。
周りはすっかりガスが出てきましたが、出発します。
P1000849.jpg

出発してすぐに、登ってくる人たちみんながあえぎながら
「山頂まであとどれぐらいですか?」
と聞いてくる、降りてみると長く急な大くだり。
みんなが聞いてくる気持ちが良くわかりました。

だいぶ降りてきました。上を眺めます。
沢山の人が黒部五郎岳に向かっています。
P1000850.jpg

ガスが出たり晴れたり、自分がどこを歩いているかわかりません。
P1000851.jpg

たまにスカーっと晴れると気分も晴れちゃう現金なのんすけ
P1000852.jpg

バテないように一歩一歩足を進める。
中越乗越がどこだかわかりませんでした。
たぶん・・・ココ。
P1000855.jpg

次々あらわれる小さなアップダウン
登りきると北ノ俣岳???とウキウキしながら登ると
手前の赤木岳デシタ。
P1000860.jpg

昨日は左腰骨に激痛が走り30分以上担げなかったザックも
今日は不思議と全く痛まないので1時間は歩けます。
太郎平or薬師峠のキャンプ場に行くであろう数人に追いつき
ホッとしました。
それにしても、いまだに黒部五郎岳方面に行く人ともすれ違います。
「一体何時に黒部五郎小舎に到着するのだろう?」
自分の遅い行動は棚にあげて、心配する余裕も出てきました。

たまにザックを投げ出しながらも
P1000862.jpg
長い長い道のりを黙々と歩きます
P1000865.jpg

北ノ俣岳を越えると
(頂上がこんな標識で良いのでしょうか?)
P1000866.jpg

木道があらわれて
P1000868.jpg

ステキなお花畑が広がっていた。
P1000871.jpg
P1000874.jpg

綿毛もカワイイ「チングルマ」
P1000880.jpg

後ろをふりむくと、歩いてきた道のり
P1000877.jpg

太郎山を過ぎたところでは
雷鳥の親子が砂浴び中

さて、問題です。
砂浴びしている子は何羽いるでしょう?
雷鳥何羽?

15:40 太郎平小屋到着
P1000885.jpg
腰に激痛は走らなかったけれど、重いザックに肩と腰はもう限界。
ザックを放りなげるように下ろしました。

なんとっここの生ビールはプレモルですっ
でも1杯1000円・・・orz
P1000887.jpg

二人で3杯の生を飲み、テント場に移動
私はあまりの疲れからか酔っ払って足が進まない(笑
まるさんに先にテント場にいってもらいました。

薬師平テント場は大盛況
P1000895.jpg

斜めの場所しか張れませんでした。

テント受付は18時まで。
ビールと飲み物も18時までテン場にある受付で売っています。

本日の夕食は、散らし寿司とキュウリ入りワカメとジャコサラダ
P1000896.jpg

昨日に引き続き食べたらバタンキュー・・・。

明日は更に行動時間は長いノデス。

つづく

tag : 百名山

Comment

☆ 

おーなるほど。
たしかにこの日はボクが少しずつ前を歩いていたようですね。
黒部五郎小舎から太郎平まで小屋がないんで、
ボクもこの日は本当にしんどかったです。
赤木岳あたりはボクもどこに自分がいるのかわからず、
赤木岳の表示を見たときはショック受けました。

しかし、ボク、黒部五郎ではガスってたのに、
しっかり晴れてるやん・・・

3日目以降のレポも期待していますよん

☆ 

>はっしーさん
コメントありがとうございます♪
トイレ問題のおかげで晴れた山頂を望めました。

ホント黒部五郎~太郎の間は、長かった。
ナゼ小屋がないのかがとても不思議です。
あと北ノ俣岳から先のコースタイムキツメじゃないですか?お花畑あたりは確かにノンビリ歩いてましたけど、その後はあと少しだからと、最後の力を振り絞り転げるように一生懸命歩いたのにコースタイムどおりでガックリでした。

続きもがんばりまーす。

☆ 

もう、読みながら吹き出してますよ~(笑)
出発のパターン我らと一緒です。
どっちかというと金曜夜のうち出てしまいます。
でも初日寝不足と疲れで辛いですよね~
初日いいところで雨宿りできて良かったですね。
鏡平でテント張れないのは残念ですけど黒部五郎から薬師までの間に小屋もテン場もないのがきつい!何で無いんだ~とおもいましたよ。
それにしても長丁場、すごいですね。
私達は薬師から五郎まででもきつかったっすから。続き楽しみにしてます。
結局何杯飲んだんだろう・・・ボソッ(^^ゞ

☆ 

北アルプスはやっぱり良いね~。
高山植物が綺麗だぁ。
前日レポの逆さ槍も見事ですよ。

それにしてもよく歩いたね・・・
その強靭な足腰に感服いたします。

来週うちも1泊or日帰りで常念に行ってきますよ。
どうせウチはv-279でしょうがorz

☆ コメント

>sanaeさん
笑ってもらえたらこれ幸いです(^^)

喜怒哀楽の激しい私を
怒りもせず放置してくれるまるさんにも感謝です。
・・・放置というより、無関心?
いいえ私の機嫌がいいときは係ってきますから、君子危うきに近寄らずかも(^^;

初日は本当にいいところで雷が通過してくれました。
黒部五郎から薬師までの間に小屋もテントもないのは本当不思議です。
30kgのザックを背負ってたら途中でビバークしてたと思います。
初日二日目は、疲れすぎてあまり飲めませんでした。
顔も洗えないぐらい疲れ果てて、バタンキュー

sanaeさんとトシちゃんとお孫さんの夏休みレポも読みました♪
ホノボノしてて読みながら顔が笑顔になり、
とっても心温まりました~~。

☆ コメントありがとうございます

>Michyさん
北ア、本当に良かったです。
鏡池での逆さ槍、朝イチじゃないし、遠雷ゴロゴロ。
無理だろう諦めていたので、見れてとってもうれしかったです。

7月の南アルプスでダイブ足が作られたみたいです。
そうはいうものの、
腰痛持ちで、ザックを背負うきは腰ベルトしてるし
一昨日は右、昨日は左と連日&両ふくらはぎが深夜に攣って
のた打ち回ってました。今頃ガタがきてます(笑

常念いいですね~~!まだ登ったことないんですよ。
蝶もからめますか?そうすると、日帰りは相当ハードですよねぇ。
でも日頃トレーニングしてるMichyさんなら問題なしでしょう!
是非ドM登山してください♪

来週は常念付近には近づかないようにしようっと。天気が・・・(笑

☆ 

ピッピッピー! ○さん免許取り消し!(笑)
二本飲んで2時間の仮眠でよくぞ双六まで行けましたね、
自分だったら「わさび平小屋」までたどり着かないや~。

黒部五郎小屋での「のんすけさん&○さん」との駆け引き、
笑っちゃいました!、なぜなら我が家と同じです、
ただ男と女が逆ですが(涙)

そんな状態でも「薬師峠キャンプ場」まで明るいうちに到着したなんて「スゲー!」

ザックは我が家と同じ「アーク」ですか?
自分も時として腰のベルトの位置なのかものすごく痛くなる時があります、
ザックに関してもまだまだ自分はヒヨッ子です。

☆ コメントありがとうございます

>トシちゃんさん
歩く前に飲みすぎですよねー。
2本目は私が呑めなかった分なので
あまり強くいえないんですが・・・(笑
まるさんにとってビールはガソリンみたいです。

小屋でのケンカはホントお恥ずかしい限り、周りに人がいなくて良かった~~でして(^^;
夫婦登山はそんなものですかね?そうですよね!(笑

アークのザックです。
トシちゃんも腰が痛くなりますか?
CW-Xとザックの腰ベルトが当たって痛いような気もするんですが、2日目は全く痛くなかったです。3日目はまた痛むと・・・。
ザックもよくナナメで背負っているようなので、背負い方も悪いみたいです(涙

    
    管理者にだけ表示を許可する


Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

FC2カウンター

プロフィール

ぐうたらのんすけ

Author:ぐうたらのんすけ
【性 別】  ♀     
【趣 味】
☆山登り☆ 
2009年8月23日
百名山完座しました♪
☆スキー☆
冬場は毎週スキー場に出かける筋金入りの「変態」
2008年/3月に夫婦同時に「テクニカルプライズ」に合格しました★
       
ビールが大好き♪食べることも大好き♪
だから・・・万年ダイエッターです。   

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ


2008年夏休み 北アルプス縦走 ~1日目~ ≪         HOME         ≫ 2008年夏休み 北アルプス縦走 ~3日目~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。