--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/24 Sun  22:04
2008年夏休み 北アルプス縦走 ~4日目~

1日目 8月 9日(土) 新穂高温泉~双六小屋
2日目 8月10日(日) 双六小屋~三俣蓮華岳~黒部五郎小舎~黒部五郎岳~薬師峠キャンプ場
3日目 8月11日(月) 薬師峠キャンプ場~薬師岳~薬師峠キャンプ場~薬師沢山荘~雲ノ平

ダイアモンド水晶・・・ピンボケ

P1010004.jpg


☆ 山行記録 ☆

---------------------
■高天原温泉/雲ノ平周遊
2008年8月12日(火)
天 候:晴れのち曇り
行動時間:8時間(休憩ばかり)
雲ノ平キャンプ場(5:45) → 雲ノ平山荘(6:00) → 高天原峠(7:10) → 高天原山荘(7:50/8:00) → 高天原温泉(8:10) → 龍昌池(8:25) → 高天原温泉(8:40/9:35) → 高天原山荘(9:45/10:15) → 雲ノ平小屋(11:55) → 祖母岳(アルプス庭園)(12:10/12:15) → 雲ノ平小屋(12:25/13:30) → 雲ノ平キャンプ場(13:45)
---------------------


4時に起床
今日は念願のノンビリDAY
テントを置いて、日本一遠い温泉と言われる「高天原温泉」へ向かうのだ。

午後はテントでノンビリするために
お昼過ぎには雲ノ平に戻ってきたかったので5時に出発予定でしたが
昨夜のテントサイトがナナメっていて居心地が悪く
空いたサイトにお引越しすることにします。

狙い目をつけたサイトが空いたのを見計らって、まずはザックを移動。
テントの中身を出して二人でエッチラオッチラ豪邸を運んでいると

隣のテントだった単独の方が
「ボクのところもナナメなんですよー。引っ越そう!」
同じくお引越し。
中身いれっぱなしで、ガランガランと移動させていた(笑

彼も今日は高天原温泉でノンビリするとのこと。
「お先に!」と出発していった

5:45 テント場出発

身軽だし、早く帰ってきてテントでノーンビリもしたい。
あまり大きな声ではいえないが4日ぶりのお風呂。
イッパシのヤマオンナ4日ぶりの風呂ぐらい「ヘ」のカッパなのだ。
ウソ。
今まで長期山行に踏み込めなかった大きな原因がこの「風呂問題」
「温泉」に心が躍り歩く足取りはとても軽い。

雲ノ平山荘に立ち寄って、

6:00 いざ!高天原温泉へ出発

とっても良いお天気です。
P1010001.jpg

30分程歩き、大きな岩場を下る
P1010006.jpg

奥スイス庭園
P1010054.jpg
木道から薬師岳がキレイに見えて気持ちが良い
P1010008.jpg

樹林帯にはいると、日差し遮られ風も心地よくとても歩きやすい。
P1010009.jpg

一度木道になり、再び樹林帯へ。
急な下りですが、昨日の薬師沢~雲ノ平の滑りやすい急な岩場とは比べ物にならない歩きやすさ。
何より身軽なのがとてもうれしい。

すれ違う人に「日帰り高天原温泉」というとビックリされます。

確かに日常で考えたら歩いて3時間かかる温泉に入りにいきませんよね(w
ちょっと感覚がおかしくなっているようです。

7:10 高天原峠に到着
P1010012.jpg

沢沿いの道を少々アップダウン
チングルマの綿毛が朝露に濡れて光っていました♪
P1010018.jpg

7:45 岩苔乗越分岐を通過すると
P1010022.jpg

ステキな湿原に出た
P1010024.jpg

不思議な足場があり何かと思っていたら
見晴台でした。
P1010046.jpg

見晴台から湿原を見回してみます
P1010047.jpg

7:50 高天原山荘に到着
評判のとおり、歪んでいる小屋でした。
P1010042.jpg

あまりのウレシさかコースタイムを大幅短縮していました(笑

ジュースを飲んで、ビール2本購入。
もちろん風呂用♪

山荘から温泉まで歩いて10分。
温泉までの道のり予想より足場が悪いところを下っていきます。
温泉のある河原に到着♪
ひとっぷろの前に、温泉の先にある夢ノ平、龍昌池を見に行くのだ。

歩くこと15分夢ノ平到着
P1010035.jpg
「夢ノ平」とはなんともステキネーミング。
決して広い場所じゃないけれど、ある意味雲ノ平より秘境な感じ
まさに夢ノ平♪ウットリします。
P1010038.jpg

さて楽しみにしていた温泉どぇす!

女性用は囲いのある風呂と
P1010040.jpg

女性露天風呂

男性は、男性専用はなく
混浴の露天風呂と野天の風呂

イソイソと女性露天風呂に向かいます。
一人女性とすれ違い、ハシゴを登ると
そこは小さな浴槽のジャングル帯
P1010041.jpg
虫に刺されそうだし頭や体を洗う場所がない、
囲いのあるお風呂に戻りました。

女性風呂は先客1名様、先ほどすれ違った女性でした。
入っていると単独の女性が2名入ってきました。

9日のあの雷雨、薬師岳の稜線上では雹が降ってきた話や
単独で赤牛岳までピストンしてきた方の話。
さすが日本一遠い温泉に足を運ぶ人たちはみな健脚揃いですねぇ。

みなさまの武勇伝をツマミに、一人でビールをプシュ!
極楽!!!(お風呂は満員御礼だったので、写真ナシ)

タオルで体をゴシゴシ、頭もゴシゴシ温泉で洗います。
一番長湯してました(笑
シャンプーも石鹸も使えないけれど
お風呂の後は、キレイさっぱり気分もリフレッシュ!!

混浴の露天風呂は男性が3名いて、
まるさんがおもむろにビールを取り出しプシュッとしたら
羨望の眼差しだったそうです(^^)

沢の心地よい風に吹かれクールダウンして
薬師沢小屋に戻りました。
P1010027.jpg
コーラとみかん缶を食べて、
P1010043.jpg
雲ノ平に戻ります。
P1010045.jpg

そういえば、ノンビリ高天原温泉に行くといっていた
雲の平で隣のテントだった単独男性に会っていません。
先に出て行ったはずなのに、一体どうしたんだろうねぇ?と話していると
岩苔乗越方面からウワサの彼がやってきた。
祖父岳経由でグルーっと周ってきたらしい。

どこがノンビリなんだ?(笑

帰りはずーっと登りです。
汗をかかないよう、ペースをあげすぎないよう歩きます。
温泉でほぐされたのか体がとっても軽い。
しかも樹林帯は行き同様、涼しい風が吹きとても心地よく、
思ったより汗をかかずに登れました。

11:55 雲ノ平小屋に戻ってきました

オナカペコペコなのですが、そのままスルーして、祖母岳に向かいます。
P1010060.jpg
祖母岳山頂にあるアルプス庭園は絶景でした。
P1010064.jpg

P1010061.jpg

P1010062.jpg

しばし休憩。
お昼の後にここでノンビリでも良かったねと話しながら

12:10 小屋に戻ってきました
今日は豪勢に小屋でお昼です
限定のハヤシライス
P1010079.jpg
きつねうどん
P1010077.jp<br />g

もちろんこれも忘れてませんよ。
P1010075.jpg

日常食べたら、そんなに感動するかわからないけど
山の中だと最高に美味しい。

そして、今回雲の平山荘で最大の目的は
デザートのケーキ♪
(単品500円 セット900円)
P1010081.jpg
こんな山奥でケーキが食べれるなんてホント幸せ♪
マンゴーケーキを食べました。

雲ノ平山荘は女性のご主人のようです。
丁度賄いの時間のようで、
学生アルバイトにキノコときゅうりとかつおぶしの和風パスタを作っていた。
すっごい良いにおいでそそられました。

ここの小屋食は期待できそうです。
小屋は小さくて古いですが、キチンと手入れされており、居心地良さそうでした。
ただ、トイレがコワイ。
(注意:キチンと掃除は行き届いており、決して汚いのではありません。)
下はのぞかないほうが賢明です。

小屋でノンビリしていると
お風呂が一緒だった単独の女性&ご夫婦も山荘に到着したようです。
ご挨拶して、ビールを購入してテントに戻りました。
P1010083.jpg

小屋であんだけノンビリしたのに、まだ2時!
本当は洗濯しようと思ったのですが、雲が多くなってきたのでヤメます。
まるさんはパンツとTシャツと靴下を水場で洗って石に干しています。
わたしはテントにはいりゴロリンと30分程お昼寝
まるさんは梅酒を飲みながら
テントの外で地図をみて山の景色を眺めていたそうです。
P1010090.jpg

起きてからも山をみながらテントでゴロゴロ
ブラボー!!!
ぐうたらのんすけは
やっぱりこういうノンビリしている山のスタイルが大好きなのだ。

夕食・・・レトルトに毛が生えたようなものなので
あまり期待されちゃうと困るんですが・・・
五目ビーフン(持ち上げた野菜を入れました)
P1010084.jpg
つめたーーい水で冷やしたビール
P1010085.jpg
その後は梅酒の水割り。
500mlペットボトルにいれて大事に飲んできた梅酒
あっという間に残り1杯分のみとなりました。

つづく
Comment

☆ 

温泉入った帰りは
なんか気分的にしんどそうだけど、
みかん缶うまそうだなあ。
絶対ヒットだろうなあ。

梅酒の残りも気になるところv-272

☆ 

怒涛のレポアップですね(笑
掃除をしてくれる○さん、ステキです☆彡

高天原温泉、いいな~。
でも、テント背負って10時間の行程は私にはムリです。
黒部五郎小屋でのやり取り、気持ちよく分かります~。うちだと、(語気を強めて)『行くよ!』の一言で一蹴すること多しですが・・・(^^ゞ
私も気分や上等!って感じです(爆

食事、ちゃんと一手間入っているところがいいですね☆彡
私は普段から料理あんまりしないので(爆、テントになったからといって手際が良くなるわけでもなく、レトルトの御世話になりっぱなしです・・・。

ステキな景色もたくさんで、お盆休みかなり満喫されましたね。
続き、楽しみにしています(^o^)/

☆ コメントありがとうございます

>はっしーさん
私も温泉帰りに登って帰るのはイヤだろうなと思ってましたけど、
樹林帯の涼しい風の中という好条件と
4日ぶりのお風呂という興奮で
「さっぱりしたね~~、肌がサラサラだね~~」と
気分良く、足取り軽く登って帰ってこれました♪

みかん缶、南アルプスでハマりました。
あるとついつい買っちゃいます。
普段だったら飲めないであろう、甘~~い汁までウマー♪
山に来ると味覚異常になるみたいです。

梅酒の残りは500mlペットボトルに3cmくらい
2日で飲んじゃいました。エヘ。

☆ コメントありがとうございます

>山空花さん
掃除と片付けは○さんのほうが得意なのです♪
おかげでトイレとキッチンピッカピカ~~
私はレポに専念できました。ありがたや~~(笑

高天原温泉も、行程次第で楽にいけますよ~。
がんばっても一度は行く価値ある温泉だと思います。
高天原山荘に泊まっても行かなかったと言っていた
ツアーのおねーさまたちにビックリ。もったいない。

今思えば、キレることはないだろうと思うんですけどね。
自分のヘタれ具合というか、お天気やの性格に反省です。
「行くよ」って山空花さんがダンナ様に言うんですか?
カッコエェェェ、一度言ってみようかな(笑

ヒト手間といっても、レトルトにレトルトをプラスとか
レトルトに食材を追加とかそんな程度なので・・・
山のほうがよっぽど料理してます(汗

ほんと、山の魅力を大満喫できました。幸せです♪

☆ 

雲ノ平、いいですよね~。大好きです。1~2週間住んでてもいいくらい。
高天原温泉も、がんばった人へのごほうび!感満載ですよね。
それにしても温泉でビールとは・・・ウラヤマシスギ。

☆ 

高天原温泉と言えば、我々秘湯マニア垂涎の地ですよ。
雲ノ平も噂に違わず綺麗だね~♪。
来年あたり・・・
でも嫁ハンを行く気にさせないとねぇ。

☆ コメントありがとうございます

>まきchinさん
雲ノ平は憧れの地だったので、行けて本当にうれしかったです。
初日もし雷雨のせいで鏡平で停滞していたら、
二日目もし黒部五郎小舎で終わっていたら、
高天原or雲ノ平を削らなくてはならなかったので執念で歩いた甲斐がありました。

長期山行に踏み切れなかった理由がお風呂だったので
こういう長期山行スタイルだったら大歓迎デス♪
まぁ風呂ナシもだいぶ慣れました(笑

温泉でv-275は最高でしたねぇ~。
予想外にお風呂に人が多かったので、
一人でビールはオヤジみたいで恥ずかしかったです。

☆ コメントありがとうございます

>Michyさん
秘湯マニアにはたまらん温泉ですね~。
一度は行く価値ありますよーー。
白濁していて、硫黄の匂いがプーンとします。
私が行ったときは温めでじっくり入れましたが
熱いときもあるみたいです。

奥様に私のレポでも見せてはいかがでしょう?
余計行く気にならなくなったりして・・・(^^;
    
    管理者にだけ表示を許可する


Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

FC2カウンター

プロフィール

ぐうたらのんすけ

Author:ぐうたらのんすけ
【性 別】  ♀     
【趣 味】
☆山登り☆ 
2009年8月23日
百名山完座しました♪
☆スキー☆
冬場は毎週スキー場に出かける筋金入りの「変態」
2008年/3月に夫婦同時に「テクニカルプライズ」に合格しました★
       
ビールが大好き♪食べることも大好き♪
だから・・・万年ダイエッターです。   

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ


2008年夏休み 北アルプス縦走 ~3日目~ ≪         HOME         ≫ 2008年夏休み 北アルプス縦走 ~5日目~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。