--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/28 Thu  00:20
2008年夏休み 北アルプス縦走 ~6日目~

1日目 8月 9日(土) 新穂高温泉~双六小屋
2日目 8月10日(日) 双六小屋~三俣蓮華岳~黒部五郎小舎~黒部五郎岳~薬師峠キャンプ場
3日目 8月11日(月) 薬師峠キャンプ場~薬師岳~薬師峠キャンプ場~薬師沢山荘~雲ノ平
4日目 8月12日(火)雲ノ平キャンプ場~高天原温泉~祖母岳~雲ノ平キャンプ場
5日目 8月13日(水)雲の平キャンプ場~水晶岳~鷲羽岳~三俣山荘~双六小屋

☆ 山行記録 ☆

---------------------
■笠ヶ岳 2898m 岐阜県【百名山】
2008年8月13日(水)
天 候:晴れ
行動時間:10時間10分(休憩含む)
双六小屋(5:25) → 弓折岳分岐(6:10/6:15) → 秩父平(8:05) → 笠新道分岐(8:55/9:05) → 笠ヶ岳山荘(9:45) → 笠ヶ岳(9:55/10:00) → 笠ヶ岳山荘(10:08/10:40) → 笠新道分岐(11:25/11:35) → 杓子平(12:25/12:35) → 笠新道登山口(14:45/15:00) → 新穂高温泉(15:35)
---------------------


朝起きると真っ白でした。
いつ雨が降るかわからない。
笠新道の分岐でザックをデポして笠ヶ岳ピストンして下山するか
予定どおり笠ヶ岳山荘で一泊して下山するか話し合い、
結局下山することにする。

雨具を着るか、着ないか・・・悩まずすんなりと
おNEWのレインウェアを着込み、ザックカバーをかける。
晴れになるように願掛けです(^^)

不器用なわたくしが珍しく
まるさんより早くザックカバーがつけられたと意気揚々とまるさんを待っていると
まるさん一言

「のんすけ、ザックカバー裏だけど・・・」
ザックカバー

・・・テヘ。
急いでいても、ギャグは忘れないのだ。

モタモタつけかえて、5時出発の予定が5時25分出発。

ガスガスの中出発です
P1010244.jpg

お世話になった双六テント場さようなら~。
P1010238.jpg

ガスの中ひたすらモクモク歩きます
こんなときお花畑は励ましになります。
P1010242.jpg

6:10 弓折岳分岐到着
P1010243.jpg

ここで結構大勢の人が休憩していたが
みんな鏡平方面に下山する様相。

誰もこんなガスの日に笠ヶ岳に進む物好きはいないノダ。

弓折岳は分岐からスグ
P1010245.jpg

その後一度グイっと降りて、グイっとあがる。

標識が少なく、ガスの中どこを歩いているかさっぱりわからなくなる。
時たま地図と標高で確認しながら歩きます。
P1010248.jpg

途中休憩している人を発見!
うれしくなり声をかける

の「今日はどういう行程ですか?」

人「この天候なので、笠新道から下山しようと思います」

orz

やはり物好きは私たちだけか

その方とお別れして先に進むとお花を撮影している男性がいた。
のんすけ「あーーーサンカヨウだ!!!」と大声で叫ぶ。
後で「キヌガサソウ」だったことに気づく。はずかしぃ~
P1010252.jpg

ガスで展望はないけれど、こういうときに現れやすいのが
雷鳥の親子
1度目の遭遇は、写真を撮る前に逃げられてしまいました。

2度目の遭遇は登山道のすぐ脇をピヨピヨ
わたしたちが進む方向に親子も進んでいく。
P1010255.jpg

カワイイんだけど、追い詰めているようで心苦しい。
深追いすると親子がはぐれることがあるとも聞くし、
一羽遅れてしまった子もいるようで、後ろでピヨピヨいっている。
しばらくじーっと待ち、親子が一緒になったところで急いで追い抜いた。

ふぅ。

今まで最高の景色の中を歩いて来たので、
展望のない中歩くのは味気ないことを思い知る。
P1010263.jpg
P1010264.jpg

でもこんな日は雷鳥が出歩いてくれるし、お花もよく見れる
負け惜しみかな(笑

8:05 秩父平を通過
P1010265.jpg

九十九折の急坂を登ります。
P1010266.jpg

笠新道の手前で、単独男性を追いついた。
彼も笠新道で荷物をデポして笠ヶ岳に行くという。
「往復1時間でしょう」とおっしゃる
心強い仲間ができました。

8:55 笠新道分岐
P1010268.jpg

ザックをデポして、サブザックに荷物を入れていると
男性がお先に~~と歩いていった。

私たちも後を追いかける。
下りや平坦な道が多く、途中単独男性に追いついた。

抜戸岩の間を潜り抜け
P1010272.jpg

有名なガンバの岩場
まるさんお疲れ顔ですガンバ!
P1010273.jpg

テント場を通り過ぎ

雪渓を横切って
P1010275.jpg

9:45 笠ヶ岳山荘
P1010276.jpg

空身で1時間10分のコースタイムのところ50分
さっきの男性往復1時間っていってたのにぃぃ。
意外と厳しいコースタイムなのか、自分の足が遅いのか(^^;

とにかく山頂を目指し

9:55 笠ヶ岳山頂らしきところに到着

祠があるので山頂かと思ったが、標識もなにもない。
ガスの中周りを見回すと

まるさんが「人がいる!!」というので左に歩いていくと・・・

山頂発見!!!
人と思った影はケルンでした(^^;

とにかく記念撮影。
P1010280.jpg
ラッキーセブンが並んだ77座目は笠ヶ岳
生憎のガスの中ですが、今回の百名山はコンプリート。

単独男性も祠に到着。お参り中。
祠が山頂でないことをお知らせし、
スッタカ下山して、山荘にかけこみました。
これから1600m下山しなくてはなりません。

腹が減っては戦はできぬ。
うどんとラーメンをオーダー

うどんはあっさりとしていてとっても美味しかったですが
P1010283.jpg

ラーメンの麺はインスタントでしたけど
味噌味で美味しかったです。体が温まりました♪
P1010284.jpg

デザートにみかん缶を購入。
さきほど抜かした単独の男性が下山してきました。
中で休憩するかと思いきや水分を補充して、そのまま下山していった。
タフだなぁ~~。

トイレも済ませて、エネルギーもチャージして元気モリモリ出発です!

サヨナラ笠ヶ岳
P1010286.jpg

笠ヶ岳山荘が終点であろう方とすれ違いが多くなりました。
ザックをデポして空身で山頂を目指す人もチラホラ。

11:25 笠新道分岐に戻ってきました
P1010287.jpg

あれ・・・確かに急いだ訳じゃないけど
元気モリモリ歩いたはずなのに、
コースタイム1時間のところ5分オーバー(笑

前を歩いているはずの単独男性のザックはもうなくなっていました。
あの人は休憩なしなんだろうか?
スゴイなぁ。

ザックを整理していると、久しぶりに30名くらいの団体様ご登場です。
みなさまをやりすごして出発です。
P1010288.jpg

歩きやすい下り坂をスッタカ下ります。
雷鳥ちゃんも三度登場
P1010293.jpg

(3度とも違う雷鳥親子ですよん)
お見送りしてくれました。

12:25 杓子平
これから急な下りになりそうなので10分お休み。
P1010294.jpg

杓子平から先は・・・
書くのもイヤなぐらい延々の下り

気を紛らわしてくれるお花たち
P1010299.jpg

ガスが晴れてきてくれたと思ったのもつかの間
P1010295.jpg

とうとう雨が降り出しました。
NEWレインウェア効果はここまでorz

岩場や土が滑るようになってきました。
昨日木道でお尻を強打した私。
もうお尻は打ちたくないから、慎重に降りるので余計疲れます。

ガスの中あとどれぐらい降りるのかわかりません。
そんな時ガスが晴れて、下の河原が見えました!!!

の「近い!!」(喜)

まる「あんなに降りるのか」(ゲンナリ)

両極端の感想ですが
まるさんのほうが正しい判断でした。
下っても下っても。ウフフフです。
見えてから1000m以上下ったのです。

最初はまるさんがバテて不機嫌になり、
その後私がバテて不機嫌になり、
結局まるさんが、わたしのご機嫌をとるという図式(w

やっとの思いで下山しました。
P1010306.jpg

先を進んでいた単独の男性も休憩していました。
彼も3度程転んだとか。

手ごわい笠新道でした。

ここまでくれば、あとは林道歩きのみ。
たっぷり休憩した後新穂高へ向かって歩き出しました。

沢では釣り人が釣りをしています。
そんな折、

ゴロゴロ~~~

下山を雷が歓迎してくれました。
雨が本降りになる前に、カメラをザックにしまいました。

新穂高に無事到着したので、まづは温泉!!
無料駐車場近くにある「深山荘」にいきました。
入浴料:700円
露天風呂の利用料は1000円

洗い場3つと小さな内湯でしたが、
源泉かけ流しのいいお湯でした。

3回頭を洗って、2回体を洗ってスッキリサッパリ♪
入浴中にバケツをひっくりかえしたような雨が降ったようで
お風呂から出ると、川は土石流のようになっていました。

さっきの釣り人は大丈夫だったのでしょうか?

下山したらお布団で寝ようと、翌日の宿は予約していましたが
今日は宿を予約していません。

道の駅 奥飛騨温泉郷「上宝」で車中泊することにしました。

酒屋でビール2本買ってツマミを買って
道の駅で食べたものは・・・

1軒目
奮発して
「飛騨牛ステーキA5ランク」
P1010311.jpg
飛騨牛ステーキは高いだけあって生ビールが1杯サービス

「大盛りカツカレー」
P1010310.jpg
おつかれーらいすです。
ハイ、しっかりご褒美もね。
P1010309.jpg

カツが冷えていたのが残念でしたが
飛騨牛は本当に美味しかった~~~。

で、食べ終わって○さん一言

「足りない」

というわけで
2軒目で
「飛騨軍鶏(?)の卵とじうどん」
P1010314.jpg
と、これ。
P1010313.jpg

二人で1杯ですよ。
軍鶏がプリプリしてて、玉子の優しさとマッチング。
うどんもシコシコしていてウマーでした。

やっとオナカが落ち着いたので。

おやすみなさーーいzzz

私はすぐに夢の中でしたが、
○さんは疲れのあまり寝れず、
酒屋で購入したゴルゴ30をヘッドライトをつけて
読みふけっていたそうです。

☆ あとがき ☆

今回の新穂高からの6泊7日山行
結果的には5泊6日になってしまったけれど、
目的であった百名山を5座踏むことができましたし
ダイアモンドコースの一部分
裏銀座コースの一部分
雲の平・高天原温泉の秘境も歩くことができて
なにより、稜線で雷雨にあうことなく、
ホボ天候にも恵まれ最高な日々をすごす事ができました。

何度でも行きたいと思う本当にステキな場所でした。

初日二日目最終日のゲンナリや怒りは忘れてます(笑
忘れているというより、いい思い出です。
私の感情の起伏の激しさに、
怒らず全て受け止めて(というより流して)くれた
まるさんに感謝です。

観光編に → つづく

みなさんのゲンナリ顔が目に浮かぶ(笑

Comment

☆ 

この日、笠に行ったんだ・・・
ボクも一応計画には入ってたんですけど、
全然思いつかなかったです。
やっぱしツワモノだv-91

で、下りてもよく食べよく飲みますなあv-275
ボクはこの日の帰り、バスもあずさもとれずに、
青春18でおにぎりとやきそばパンの
さみしい下界駅ベンチ食い。
さらに飲み屋がやってなくて、
おうちで缶ビールな打ち上げでした。

あ、そうそう、
この日はボクも三俣から双六間で、
雷鳥親子6羽くらいの行進みました~。
かわいかったですね。
ボクもしんどかったですけど、
終わってみると、いい思い出だけが残ってます!

☆ 

いや~、大作でしたね~。
って、まだ観光編もありますね。
最終日は残念でしたが概ね良いお天気で展望バッチシで羨ましすぎレポですよ~。
ホント、来年行ってみたくなりました(*^_^*)

それにしても、テント装備の時ってどうしてああお腹が空くんですかね。
私は食べないと足がプルプルしてしまうので食べてますが、あれが無ければきっと痩せられるのに・・・っていつも思いマス。
一応帰ってくると体脂肪率-6%位になるのが救いですが。(すぐ戻るけど)

百名山一気に5座ゲットですね。
おめでとうございます。もうそろそろ残りあとわずかですね。

☆ コメントありがとうございます

>はっしーさん
ツワモノって・・・食が?(笑

百名山完座のために
あの天候の中笠ヶ岳を消化して帰ってきましたv-356
稜線上で風もなく雨も降らなかったのは幸いです。(ガスで髪はビッタリぬれてましたけど)

v-275飲みすぎですか?二人で生3杯と車で缶ビール350ml2本ですよ。
だんなはそれでも足りないと騒いでたけど
道の駅ではビールは売っておらずションボリしてました。

下山後の食事が、おにぎりとやきそばパンはさみしかったですね。
帰りはバスもあずさもダメだったんですか?v-12
ガソリン代高騰でマイカーじゃない人が多かったのかな。
翌々日の帰りなんて、中央道渋滞19kmと
いつもの週末より空いてる感じでした。

あんなに辛かったのに、いい思い出になるって
大変だからいい思い出なのか・・・。山って本当に魔性。

☆ コメントありがとうございます

>山空花さん
長々と失礼してます。
読み手のことを考えない自己満足レポですみません。

この山域は登山をはじめたころから憧れの地だったので
天候に恵まれて展望バッチリで本当に幸せ~~でしたv-345
ホント!オススメです。

3日目ぐらいまでは、バテすぎなのか
そんなにオナカは減らなかったんですけど
4日目のんびりした日から、満腹中枢が壊れました(笑
私もオナカがペッタンコで体重は変わってなかったので体脂肪減ってたのかなーー。
下山後4日目まで計れず、計った時はもう普段の数値に戻ってましたv-406

百名山はダイブ先が見えてきました♪
一番の問題は幌尻岳です。山小屋の予約が取れません。
日帰りはイヤだし、縦走は水問題と熊がコワイ。悩みどころです。

☆ 

素敵な山旅でしたね~
最終日の決断は正解、我らも同じようにします。
自分達の山行を見ているようですご~く親しみを感じます♪
下りて大食漢(失礼(^^ゞ)もおんなじ♪
何てったって、こんな時は一人で軽く2人前以上は食べますから(笑)

☆ コメントありがとうございます。

>sanaeさん
似ているといわれるとうれしいですv-238
私もたまに似てるなぁと思ったりします。
sanaeさんたちの山行スタイルに憧れて、参考にしているから、似るのも当然かも(笑

今回の山旅は本当に良かったです。
何度でも行きたいです。・・・あんなに辛かったのに・・・(笑

やっぱり重いザックを抱えたらオナカも空きますよね?ただ、未だ満腹中枢は戻らずハラペコ大臣です。山登りでチャラにしたいのですが
天気が・・・天気が・・・v-406
    
    管理者にだけ表示を許可する


Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

FC2カウンター

プロフィール

ぐうたらのんすけ

Author:ぐうたらのんすけ
【性 別】  ♀     
【趣 味】
☆山登り☆ 
2009年8月23日
百名山完座しました♪
☆スキー☆
冬場は毎週スキー場に出かける筋金入りの「変態」
2008年/3月に夫婦同時に「テクニカルプライズ」に合格しました★
       
ビールが大好き♪食べることも大好き♪
だから・・・万年ダイエッターです。   

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ


2008年夏休み 北アルプス縦走 ~5日目~ ≪         HOME         ≫ 【百名山リスト】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。