--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/09/26 Fri  00:55
巻機山【百名山】沢ルートでリベンジ

なんとか週末までにヤマレポ3つUPしました♪

23日の祝日に巻機山に行ってきました!
7月に一度チャレンジしたのですが残雪が多くアイゼン不携帯につき、
井戸尾根コースを挑むも暑さで5合目手前でリタイヤ(汗
リタイア2時間後に激しい雷雨がきたので、下山しで正解でした(^^;

今回は念のため軽アイゼンを持ってリベンジ登山です。

巻機山と池塘

P1020362.jpg

残るは9月初旬にいった美ヶ原と霧ヶ峰レポ・・・
んもうどうしましょう(笑


※写真はクリックすると拡大します

☆ 山行記録 ☆
************************************

■巻機山(まきはたやま)1967m 新潟県
日  時:2008年9月23日(火)
天  候:曇り後晴れ
行動時間:8時間25分(休憩時間含む)
桜坂駐車場(7:00) → 割抜沢出合(7:20) → ヌクビ沢出合(8:25) → 沢終点付近(10:50/11:05) → 割抜岳分岐(11:30) → 巻機山(11:45/13:10) → 避難小屋(13:30/13:35) → 前巻機山(ニセ巻機山)(13:40) → 5合目(14:45) → 桜坂駐車場(15:25)

************************************


駐車場はそこそこ混んでいました
P1020209.jpg

沢を登るので、
スパッツを履くかどうか迷ったのですが
面倒だったので(^^;
履きませんでした。

7:00 駐車場出発
P1020210.jpg

歩き始めるとすぐに井戸尾根とヌクビ沢・天神尾根コースの分岐
沢コースに向かいます
P1020212.jpg

朝露に濡れた草木の間をすり抜けるので
すでにズボンのスソはビタビタです。
スパッツを履かずに出発したことを、早くも後悔。
P1020213.jpg

ほぼ同時に出発し
後ろを歩いていた男性に先に行ってもらいます。
すぐにいなくなってしまいました。早いなぁ。

7:20 割抜沢出合
沢ルートに進みます。
P1020218.jpg

前を歩いていた人の姿は見えません。
巻き道をいったのでしょうか。
いよいよ沢登り開始!
P1020219.jpg
慎重に、でもウキウキしますが
P1020221.jpg
この滝は何かな?
P1020229.jpg

吹き上げの滝
P1020231.jpg

アイガメの滝
P1020236.jpg

滝は巻き道を歩かされるのですが、この巻き道がなかなかの曲者。
草つきの斜面の足場は細くナナメになっており
沢まで5~10mほどある場所もあり、一つ間違えたら沢まで滑落します。
慎重に慎重に歩きます。
P1020230.jpg

藪に手をつっこんで岩をつかんだりすることも多く、
「蛇がいたらどうしよう」と
沢の岩場の歩きよりも恐くて冷や汗をかきました。

滝の横を通過するときも、岩が濡れていると足が滑り
ヒヤっとすること数回。(○さんが)
P1020235.jpg

岩場は楽しい♪
P1020248.jpg
先のとんがった岩が天狗岩
P1020245.jpg

8:25 ヌクビ沢出合
P1020250.jpg

天狗尾根はルート不明瞭なところがあり危険ということで
ヌクビ沢ルートを進みます。

スラブ布干岩
P1020258.jpg

滝の左側に鎖が取り付けてあります。
岩場が乾いている場所は滑らないので、鎖を使わず問題なく登れました。
濡れているのと乾いているのでは全然印象が違う場所だと思います。
P1020260.jpg

岩の先の巻道の下り、
一歩間違えたらゴロンゴロンと沢まで滑落間違いなし。
ここが一番気を遣ったところだったかなと思います。
P1020270.jpg

この時期になると流石に雪渓がないのかと思っていたら
スノーブリッジ登場。
P1020282.jpg

スノーブリッジが崩れないよう祈りながら下をくぐります。
P1020285.jpg

崩れた雪渓に阻まれて、沢を直登できなかったので
P1020287.jpg

右の巻道へ行こうとしましたが、この巻道のルートが不明瞭。
P1020288.jpg

しばらくよじ登ってみたものの
P1020289.jpg
斜度のある場所をトラバースしなくてはなりません。
落ちたらただごとではない。
下の沢を見てみると岩場に赤マークがあります。
沢を登ったほうが安全に思えたので、慎重に沢に下りました。

思ったとおり沢に下りたら、全然問題ない道でした。
足は全然疲れていないのですが、精神的にヘトヘトです。

休憩、ご褒美のゼリーでリフレッシュ!
P1020293.jpg

周りにはヘビイチゴが沢山実っています。
P1020294.jpg
一つ頂戴して味見すると、さくらんぼのような味がしました。
もうちょっと熟したほうが良いかも?

沢はあっという間に細くなり、
P1020290.jpg

急なザレ場の登りになりました。
手をつかなければならないような斜面です。
P1020296.jpg
でも、滝の巻き道よりはよっぽど登りやすかったです。
まぁ下りでは使いたくないルートには間違いありません。
P1020299.jpg

一度ルートを見失いそうになりましたが、赤テープで無事ルート発見。
P1020300.jpg

11:30 やっとこさ、稜線に出てきました
スッカリガスの中になってしまいました(TT)
晴れていれば気持ち良さそうな稜線歩き。
P1020307.jpg

4時間30分の間誰にも会いませんでしたが、
割抜岳(わりめきだけ)方面から声が聞こえてホっとします。

割抜岳すぐそこですが、展望もありませんので寄らず
巻機山山頂に向かいます。
P1020310.jpg

途中であった夫婦とお花のお話。
ヌクビ沢ルートで下山しようとしていたので、
下山に使うのはやめたほうがいいとお引止め。
すんなり「行くのやめるわ」と言ってもらえて一安心。

朽ち果てた木道をテクテク登ると

11:45 巻機山到着!
P1020325.jpg

井戸尾根との合流地点です。
山頂は井戸尾根と合流してから10分歩くはずと
○さんが地図を見て首を捻っている。

まぁともかく、お疲れちゃーん
P1020315.jpg

周りはスッカリガスの中。
登る前は牛ヶ岳方面に行こうかと話していましたが、
このガスの中ではとスッパリ諦めます。

「キツイ山だったねぇ、もう来ないかな」と話しながら
カップラーメンにしようとお湯を沸かしていると
目の前のキリがパーっと晴れ。
ニセ巻機山と池塘の景色が広がりました。
P1020319.jpg

突然現れた素敵な風景に一人はしゃいでしまった。
そしてカップラーメンを食べた後
ザックを背負い出発準備をしているとさらにガスが晴れ

割抜岳方面も
P1020337.jpg
牛ヶ岳方面もご覧の通りクッキリ
P1020340.jpg

越後の山々は冬場の気象条件の厳しさにより
標高2000mに満たないのに森林限界が低く笹の山並みが広がっていて
とても穏やかな美しさです。

せっかくガスが晴れたので背負ったザックを置いて、
牛ヶ岳方面へ10分くらい歩いたところのピークまで行きました
(後で地図を見ると、どうやらここが巻機山の頂上だったらしい)
池塘
草紅葉がはじまっていました。
あと2週間もすれば益々秋も深まることでしょう。
P1020352.jpg

生憎燧ヶ岳(ひうちがたけ)はガスに隠れていましたが、
至仏山、奥白根山、皇海山(すかいさん)、武尊山(ほたかやま)、
群馬・栃木方面の百名山が一望できました。
ピーク

山頂に戻ると、小学生と男性の10人ほどの大パーティーが山頂を占拠。
桜坂駐車場にいた人たちです。
あまり登山に慣れてないような様相でしたが
聞けば地元の人たちの集まりらしく、ヌクビ沢を登ってきたという。
登るも地獄・戻るも地獄大変な思いをしたそうです(笑

二人で百名山を80座登った話をしたら驚かれ

「もしかして夫婦???」と言われました。

・・・何に見えたんだろう?親子?(笑

待てば待つほど天気が好転していきます。
苗場・火打、北アルプス(後立山連峰)まで見えました。
なかなか山頂を去りことができず、
結局1時間30分近くノンビリしちゃいました。
「また来たいね」後ろ髪ひかれながら

13:10 下山開始
P1020356.jpg

去りがたく、何度も後ろを振り返ります。
P1020359.jpg

20分程下ったところにある避難小屋でトイレ休憩
P1020366.jpg
バイオトイレ(ご用の後は自転車を漕ぎます)で
P1020367.jpg

小屋の中もキレイでした(これは2階)
P1020368.jpg

避難小屋には男性が一人休憩していました。
ヘルメットを持っています。本格的な沢登りの方のようです。
米子沢から登ってきたのでしょうか?

避難小屋からニセ巻機山まで登ります。
P1020371.jpg

9合目ニセ巻機山(前巻機山)
P1020374.jpg

最後に巻機山を目にやきつけます。
P1020376.jpg

さっきはガスの中だった燧ヶ岳(ひうちがたけ)が見えました。
尾瀬も広いですね。
尾瀬方面

ニセ巻機山から先はひたすら下ります。
谷川岳、ニャンコ耳(トマの耳とオキの耳)が見えました。
谷川岳

下る先に見えるのは米子頭山
P1020356_20080926004621.jpg
縦走したら気持ち良さそうな稜線ですが、地図をみると登山路がないそうです。

7合目を過ぎると樹林帯の中にはいり

6合目展望台で登ってきたヌクビ沢方面を望みます。
P1020399.jpg

樹林帯の登山道は表面の土が流れ出し、
粘土状の土が露出しておりとても滑りやすいですが
登ってきたヌクビ沢の道を思えばなんのその。

快調に降りていたら、後ろから足音が聞こえてきた。
避難小屋にいた沢登りの方がランニングシューズで駆け下りて行った。
丹沢でも沢登りの方が、大倉尾根を駆け下りてたなぁ。
沢登りは駆け下りて下山するのが、基本?カッコイィ~~

ニセ巻機山からは快調に1時間45分

15:25 駐車場に戻ってきました♪
P1020405.jpg

バッチは駐車場の料金所で購入。
山バッチといえば、凹凸のある立体的なバッチが多いのですが
ツルンと印刷のみの、なんとも味気ないバッチでした(笑
まぁそれが帰って印象的かもね。

五十沢温泉の近くにあるもえぎ温泉で汗を流し

夕飯は久々の「森瀧」でうどんすき
P1020417.jpg
相変わらずのボリューム(二人前)
P1020410.jpg

煮込んでも煮込んでもコシのあるうどんです。
味がしみこむまでじっくり煮込みました。
P1020415.jpg
舞茸の天麩羅
P1020413.jpg
写真が暗くてスミマセン・・・
相変わらず美味しかった~~~

巨体で岩をよじのぼったせいか、
翌日上半身が筋肉痛でしたorz

☆ あとがき ☆

今年初めてスズメバチに出会いました。
1匹だけで足元をウロウロ飛んでましたが偵察はされませんでした。
行きも帰りもいたので、ご注意ください。

巻機山のヌクビ沢ルートは地元の方の話によると、
毎年滑落・遭難事故が起こっているとのこと。
天狗岩に登ってしまい、降りれなくなってヘリ出動ということもあったそうです。

用心して歩かなければならない箇所も多いため、
いくら足に自信があっても、思った以上に時間がかかりますので
時間に余裕を持って登ることをお勧めします。

緊張する箇所も多かったですが、沢の岩登りは楽しかったです。
岩場結構好きかも。

展望がとても良い山なので
是非とも天気の良い日に狙ってみてください♪

<オマケ>
今回一番ホラーだったこと

岩場をよじ登るために、手をついた先にあった動物のフン
P1020262.jpg

「ギョエェェェ」という私の断末魔に○さんギョっとして大笑い。

エェ、指先がギリギリ触れましたが・・・何か?

岩場に手を着く際には充分お気をつけくださいませ。

Comment

☆ 

ヌクビ沢、きれいな景色ですねー
わたしたちは残雪期に行ってしまったので、さすがにそっちからは行きませんでした。気持ちよさそー。でも、結構ハードそうな感じですね(^^;
23日、わたしはお迎えの笠ヶ岳(尾瀬)にいました。昼過ぎから高雲だけど展望よくなっていきましたよね。わたしたちが展望がよいところにいたときは巻機山の山頂はガスってたけど、ちょうど谷川の雲がとれてくるころでした。アルプス方面やくびき山塊もみえたし、曇りなのになかなか展望のよい日でしたよね。
それにしても、巻機山頂は気持ちのよいところだなぁ。草紅葉、だいぶいい感じになってきましたね!

☆ 

>まゆ太さん
引き続きのコメントありがとうございます♪

ヌクビ沢は体力的というより精神的にハードでした。沢の岩場より巻き道がイヤらしかった。
「この藪に手をつっこんでマムシがいたらどうしよう」
と何度思ったことか。ジャンダルムへの精神修行と思っていました。

まゆ太さんたちは尾瀬だったんですねーー。
山頂からまゆ太さんを見つめてました(ウソ

突然ガスがパーっと晴れて展望が見えたので、大興奮しちゃいました。
周りの人はすこーし引いてたような(笑

草紅葉良い感じになってきましたよ。尾瀬も紅葉がはじまっているみたいですね。
来週から冷え込むようですし、ぐっと紅葉が進むでしょう。これからの季節の登山も楽しみですね♪

☆ 

スリリングなコースですね。
うちらが登る時は使わないほうが良さそうだ・・・
雨降ったらツルツルだろうから(笑)

もう80座ですか?
来年には100名山完登だね。

☆ 

>Michyさん
お返事遅くなってすみませんm(_ _)m

ヌクビ沢は雨降ったら石もトラバースルートも
危険度倍増だと思います。
雨男さんにはオススメしないコースです(笑

はい!日曜日で81座になりました。
あっという間だったような、大変だったような。
来年完座が目標ですが、
今、ダンナが山バッチ100座揃えるまでダメとか
レポを全山作らないと終わらせないとか
いぢわる言いだしてます(笑
    
    管理者にだけ表示を許可する


Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

FC2カウンター

プロフィール

ぐうたらのんすけ

Author:ぐうたらのんすけ
【性 別】  ♀     
【趣 味】
☆山登り☆ 
2009年8月23日
百名山完座しました♪
☆スキー☆
冬場は毎週スキー場に出かける筋金入りの「変態」
2008年/3月に夫婦同時に「テクニカルプライズ」に合格しました★
       
ビールが大好き♪食べることも大好き♪
だから・・・万年ダイエッターです。   

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ


塩見岳【百名山】 その2 ≪         HOME         ≫ 予想外の雪の平ヶ岳【報告】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。