--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/11/07 Fri  23:32
憧れの飯豊山 その1

やっとこさ、10月に行った飯豊山レポその1をUPしました。

三連休に一日休みをつけて4連休。
憧れの飯豊山に行く予定でしたが、土曜日は荒れ模様の予報。
東北方面のピストン山行に切り替えるか迷いましたが
○さんがしきりに「東北は遠いんだよなー」という。

行きたくないってことか?
(といつも深読みするが、別に深い意味なく思いを口にするのが○さんです)
最近ピストンより縦走が大好きな私。

飯豊の雨?大いに結構、決行です♪
本当に登山口が沢山あって迷ってしまうところですが、
今回は○さんがチョイスした飯豊山荘からの周回ルートです。


☆ 山行記録 ☆
**********************************

■飯豊山(いいでさん)2105m 山形・福島・新潟【百名山】
■日 時:2008年10月9日(金)
■天  候:晴れ後曇り
■行動時間:1日目 7時間25分(休憩含む)
飯豊山荘(8:00) → 湯沢峰(9:45/10:00) → 滝見場(10:35/10:45) → 五郎清水(11:25/12:00) → 梶川峰(12:50/13:00) → 扇の地紙(13:35) → 胎内岳(13:45) → 門内小屋(13:55/14:15) → 門内岳(14:17) → 北俣岳(15:05) → 梅花皮小屋(15:25) 

**********************************


空木岳でデビューしたアークテリクス ニードル55に
パッキングしていたのですが
前回の空木で尾てい骨あたりが擦れて腫れてしまったのがどうしても気になる。
今回様子見でもう一度使用しようかと思っていましたが
2泊3日山行で初日に痛くなってしまったら困る。

55リットルでは酒・食材・アイゼンを入れたら荷物も満杯に近いし
木曜日帰宅して、前日パッキングした荷物を。
アークテリクス ボラ75に入れ替えました。

夕食を食べ、急いでお風呂にはいり
スッピン&ジャージ姿で荷物を車に載せていたら
○さんの会社の人にバッタリ・・・はずかしーー
オシャレジャージだからまっいいか(*´∀`*)

運転を交代しつつ関越道で飯豊山荘に向かいます。
高速降りてからもALLダートなしの走りやすい道路でした。
午前3時着ビール1本飲んで仮眠し朝6時に起きました、
快晴でウズウズ心躍りますが、トイレ問題やらなにやらで結局

8:00 登山届けを出して出発
P1020912.jpg

駐車場はガラガラでした。
P1020918.jpg

ザックが私のほうが大きいですが・・・何か?(w
P1020914.jpg

登山届けを提出した正面に登山口がある!と行こうとすると
登山道と違いました・・・あぶないあぶない。

橋を渡った先に梶川尾根への取り付きがありました。
P1020922.jpg

評判のとおり手足を使うような急な登りが続きます。
P1020935.jpg

寝不足と思った以上の暑さと重い荷物と急な登りで早くも汗だくバテバテ。
水分がグングン減っていきます。
あまりの暑さにガマンも限界、
厚手の長袖Tシャツをその場で脱ぎ捨て半袖のみになりました。
※夏場は日焼けするので絶対やりません。

半袖になって元気復活!
樹林帯の中を歩きますが、時折見える景色にウットリ
P1020924.jpg

急な登りはツライですが、どんどん標高を稼げるので結構スキです。
ほら、もう飯豊山荘がもうあんなに小さくなっている。
P1020926.jpg
まだまだ先は長いですねぇ
P1020937.jpg

9:45 湯沢峰
P1020940.jpg

ザックを降ろしてドカっと休憩。
地図をみながら山を眺めます。
P1020941.jpg
一番左が飯豊本山でしょうか
P1020943.jpg

湯沢峰を越えるとドドっと遠慮なく下ります。
ここから紅葉がと~~~ってもキレイでした
P1020947.jpg
ウットリコ
P1020953.jpg

10:35 滝見場
どっから滝が見えるの?と思って標識を見ると矢印あり
滝まで20m。
P1020960.jpg

歩いていくと、滝が見えるスポットで3名ノンビリお食事中でした。
今日初めて会った方です。やっぱり平日の登山は静かでいいですね。
ここが本日の終点という彼ら。そういうノンビリもいいですね~~。


P1020976.jpg

さっき15分休憩してるのに、ここでも10分休憩
今回は憧れの飯豊満喫のノンビリ山行なのです♪

○さん憧れの石転び沢ルートも見えました。
P1020961.jpg

さて、先に進みますか。まだまだ遠いですねぇ。
P1020966.jpg

紅葉を楽しみながら登ります。
P1020967.jpg

再び急な登り
P1020972.jpg

男性の単独行の方に追いつきました。
今日2組目。とっても静かな山行です。

11:25 五郎清水に到着
P1020978.jpg

P1020979.jpg

あまりの暑さに既に水を2リットル消費しつつあります。
○さんが藪を降りて汲みに行ってくれました。
私はノーンビリ腰を下ろして、オニギリをパクつきます。
オニギリを食べ終わっても帰ってこない○さん・・・あれ?
藪を覗きに行くとようやっと戻ってきました。

冷たい水にホっと一息ついていると、コメカミに違和感。触るとコロっと何かが落ちました・・・

ゲゲー虫???

○さんに見てもらうと「あーあ、血が出てるよ」
ブヨにやられました。こんな時期にまだいるんですね。ガードが甘かった。(ノД`)

休憩している間に先ほど抜かした単独の男性も到着。
話を聞けば泊まる小屋の予定は違えど、ルートは一緒。
今日は門内小屋泊まりといいます。男性もお水を汲みに降りていきました。

ここでも30分以上ノンビリ休憩しちゃいました(^^)

荒れた急な登りが続きます。
P1020981.jpg P1020987.jpg

ようやっと念願の稜線にポコンと飛び出ました。
朝は晴天でしたが、すっかり雲が多くなってしまいました。

12:50 梶川峰
P1030001.jpg

ザックを降ろして、休憩
風が冷たくなってきたので、先ほど脱いだ厚手の長袖Tシャツを着込みます。

梶川峰から先は、気持ち稜線歩きでウッキウキ
P1030009.jpg

池塘
P1030011.jpg

稜線付近の紅葉はもう終わりに近かったですが
P1030013.jpg
キレイはキレイでしたよ~~
P1030022.jpg

13:35 扇の地紙
P1030026.jpg

雲が多くなってしまいました。もう1時間早く出発していれば・・・やっぱり山は早出が大事です。
P1030024.jpg

胎内岳を越えます。
P1030034.jpg
この頃にはガスガスになってしまいました。
P1030035.jpg
そんな中時折パーっとガスが晴れるとうれしい
P1030040.jpg

テント場と水場を通過すると目の前に突然小屋が現れました♪
P1030041.jpg

13:55 門内小屋
P1030044.jpg
週末は登ってくるようですが今日は管理人は不在のようでした。
P1030046.jpg P1030047.jpg

自転車式バイオトイレを借りて、20分ほど休憩して出発。
小屋の目の前が門内岳
P1030052.jpg

せっかく大好きな稜線歩きなのですが周りはスッカリガスの中
P1030053.jpg

しかしっ
我々が近づくと目の前のガスがどんどん晴れていく
P1030055.jpg

「我はモーゼか??」連呼しながら歩きます。エェそんなバカを言うのは私ダケでございます。
○さんはそんな私をかるーーく無視して(笑)モクモクと先を歩きます。
アップダウンを繰り返し
P1030068.jpg P1030070.jpg

15:05 北股岳
フヘーー疲れました。
P1030074.jpg

あとは下れば梅花皮小屋のはずですが、全く小屋の姿は見えません。
もう近いのか?まだ遠いのか???
ザレザレの足場を注意しつつトボトボ下っていると
P1030077.jpg
パーっと霧が晴れ
P1030079.jpg P1030080.jpg P1030084.jpg

ジャジャーーン

目の前に小屋が現れました♪我はモーゼか。近いぞ!小屋。
P1030094.jpg
我ながらグットタイミングの晴れオンナ!夢中になって写真を撮っていたら、
小屋の目の前で○さんワタシを待っていました。スミマセン。

15:25 梅花皮小屋到着
P1030095.jpg

中はとても広く、2階建てで明るくてキレイです。
P1030096.jpg
しかも紙付水洗トイレ!!小屋の中にあります。
スゴイ!!!とても居心地良さそう。
協力金は1名1500円です。

先客は1名様の単独の男性のみ
掃除して、2階に寝床を確保して夕食です。
寒いこれからの季節はあったか~~いものですよねぇ。
今日の食材♪はこちら
P1030105.jpg

あったかいきのこうどん
P1030106.jpg

担いできたビールでカンパイ!
一応500ml缶を4本担ぎ上げましたが、寒いとさすがにビールは進まない。
二人で1本で終了
P1030101.jpg

その後はホット梅酒

寝不足から16時過ぎにバタンキュー。
17時半頃一人男性が入ってきて、合計4人となりました。

人数の少ない小屋は寒いデス。
お夕寝をして少しスッキリしたので、起きてホット梅酒を飲んで体を温めます。
あらっ500mlあった梅酒、あっという間に半分のんじゃった。
P1030107.jpg

夜半からガタガタと小屋の窓をゆるがす強風が吹き荒れはじめました。

つづく
Comment

☆ 

よいっすねー。
今年は、結局飯豊山に行けませんでしたよ。
バーチャル登山楽しませて頂きます。

☆ 

いいなあ、飯豊。ぜひとも縦走したい山です。
秋は空いてていい感じなんですね。

私もどこのルートから登るか、来年にそなえて悩み中なのですが、のんすけさんのレポ、参考にさせていただきま~す!!

☆ 

のんすけさん。こんにちは。
アーク ニードル55。私も一緒です。
そして、尾骶骨の。。。。。も一緒です。
木曽から木曽駒ケ岳テン泊のときなんて、、、
一皮剥けましたorz

私だけかと思っていたのですが、一緒の方が!!!
あれってどうしてんでしょうね。
ちなみに私は尾骶骨がちょっと変みたいです。
だから私だけ?なんて思っていたのですが。。。。


あぁ~~、くだらない話ですみません。

飯豊山縦走、私の憧れです。
紅葉の時期・お花の時期。
どちらも行きたいです!!!!!
木曽からは遠いんですよ~~~~。
続編も楽しみにしています。

☆ 

>atu510さん
飯豊はいいで~~(^^)
自分で書きながら余韻にひたっております。
こんなレポで申し訳ないのですが、atu510さんの豊かな妄想力・・・
もとい想像力で登山をお楽しみくださいませ。

☆ 

>まきchinさん
是非是非縦走でお楽しみください♪
夏場の週末は小屋は満員だそうですよ。
例年、10月の三連休も混むようですが
今年は悪天候のせいか、とっても静かな山行でした。

飯豊は沢山ルートがあるから悩みますよね。
今回のルートは周回するにはとっても良いルートです。
ご検討くださいませ~~。
あー、オススメしている間にもまた登りたくなりました(^^)

☆ 

>木曽駒さん
なっなんと!同じ症状でお悩みですか。
くだらない話なんてとんでもないです。仲間がいてうれしいです。
(うれしいという表現はおかしいですが(^^;

背面が合っていないんだと思います。
鳳凰山で一工夫したらだいぶ楽になりました。
またレポしますね。

飯豊は残雪もお花も紅葉もどの時期も良いと思います。
そうそう木曽のほうからいらっしゃっている方いましたよ。
関東からも少し遠いのが難点ですが、
遠くても行く価値のある山だと思います。
    
    管理者にだけ表示を許可する


Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

FC2カウンター

プロフィール

ぐうたらのんすけ

Author:ぐうたらのんすけ
【性 別】  ♀     
【趣 味】
☆山登り☆ 
2009年8月23日
百名山完座しました♪
☆スキー☆
冬場は毎週スキー場に出かける筋金入りの「変態」
2008年/3月に夫婦同時に「テクニカルプライズ」に合格しました★
       
ビールが大好き♪食べることも大好き♪
だから・・・万年ダイエッターです。   

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ


三連休♪お祝い事にはお金がかかる ≪         HOME         ≫ 憧れの飯豊山 その2 人生初めての・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。