--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/22 Sun  00:02
水芭蕉の尾瀬 その2 バッタリ&散策編


初日のその1レポは → こちら

080608尾瀬36






☆ 山行記録 ☆

------------------------
■尾瀬沼・尾瀬ヶ原散策
日 時:2008年6月8日(日)
天 候:曇りのち晴れ
行 動:行動時間 約7時間40分(休憩含む)
尾瀬沼ヒュッテ(7:40) → 沼尻休憩所(8:20/8:35) → 白砂峠→ 見晴(9:50/10:05) → 竜宮十字路  → 見晴(11:15) → 白砂峠(12:10) → 尾瀬沼キャンプ場(13:10/15:15) → 三平下(15:30/15:40) → 三平峠(15:55) → 一ノ瀬休憩所(16:35/16:40) → 大清水(17:20)
-------------------------


いつしか雨はやんでおり、その後はグッスリ寝たようです。
朝4時過ぎ一度起床。
顔も洗わずに寝てしまったなーと思いながらお手洗いにはいると

洗面台で二人の女性が談笑中。

そのうちの一人が・・・・なんとsanaeさん
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

昨夜のうちに会えたら、シャンパンでカンパイできたのに・・・。
昨夜持ち帰った残雪でキンキンに冷やしていたのに出る幕無しでした。
080608尾瀬1

いつもは持って来ませんよ。重いし。

ひとまずテント場に戻り、○さんに会ったことを告げたのに
起きてくれませんでした・・・仕方なく一緒にもう一眠り

5時半過ぎウダウダとおきて、テントの前で朝食準備をしていると
トシちゃんがわざわざテントに来てくださいました♪
sanaeさんも来てくださって、みんなで記念撮影☆
080608尾瀬3

本日の行程を伺うと、尾瀬沼→白尾山→竜宮→見晴→尾瀬沼のグルリップ
当初二日目は三条の滝とかいってたのですが、見晴から2時間かかるので却下。
予定を決めていなかったので、グルリップもいいかなーと思ってたり。

朝食準備をしていると
sanaeさんトシちゃん隊は出発!
心やさしいトシちゃん「ご一緒にいかがですか!」
とうれしい言葉をいただきましたが
うちはまだ朝食前でして(´・ω・`)ショボーン

「後で追いかけるかもしれませんーー」

とお見送り。

とすぐにsanaeさんが戻ってきて、テントをゴソゴソ
戻ってきたときに手にしていたのは

「生ビール」のジョッキ(笑

勝手に親近感です(^^)

さて、朝食はホットドック!
3つ食べておなかパンパン。
080608尾瀬4

で、○さん朝からビール(笑
080608尾瀬2

朝食を食べながらトシちゃん&sanaeさんたちの行程を地図で見ると
皿伏山へのルートは残雪時道迷いに注意となっています。
トシちゃん&sanaeさんはGPSというハイテク機器を持っていらっしゃるけれど
うちはコンパスしかない・・・。

追いかけることは諦めて
尾瀬ヶ原まで散策することにしました。

ノーンビリ準備して
sanaeさんに教えていただいた、
尾瀬で2箇所しか咲いていないという
トガクシショウマを見に行きました。
トガクシって長野の戸隠なのかなーと言いながらさらっと
080608尾瀬5

って、実は絶滅危惧品種の貴重なお花だそうです。
家に帰ってから知りました。
栽培か野生かわかりませんが、もうちょっとしっかり写真を撮ればよかったです。
まだまだお花の勉強がたりないなー。
ツバメオモト

その後も長衛小屋でバッチを購入したり
結局出発したのが、7時40分(笑
昨日の疲れがあるし、久々の重登山靴で足首も痛く足取りは重いです。
080608尾瀬7

ミネサクラ~

そして、昨日登った燧ヶ岳のナデッ窪ルート分岐
尾瀬沼とは反対側には看板があり・・・
080608尾瀬9

残雪期事故多発注意と
午前8時以降の登山は自粛してくださいとの文字が。
エー昨日登った時間は・・・エヘヘ。

今更看板の存在に気がついても、もう遅い。

8:20 沼尻休憩所
疲れたら、やっぱりコレですよね(笑
080608尾瀬11

さて、エネルギーチャージしたので見晴に向けて出発です。

50m程登ったところが白砂峠です。
080608尾瀬34

登りに雪が残っていたのですが、
スニーカー等の軽装の人が本当に多く、
ちょっとした残雪でもツルツル滑ってキャーキャー大騒ぎ♪
なんだか楽しそうだぁ。
尾瀬はまだ桜が咲いているんですよ。ビックリしました。
ミネサクラ
080608尾瀬8

そして、尾瀬で沢山目に付いたのが
タラの木!
これからが時期のようで中にはこーんな美味しそうな
採り頃の芽も
080608尾瀬12

天麩羅にしたらさぞや美味しいことでしょうが、
国定公園なので、
許可を得た人でないと採取してはいけません。
写真でガマンです。

尾瀬沼から見晴までの道端はお花が沢山咲いていました。
080608尾瀬14

080608尾瀬15

080608尾瀬16

大きいカタツムリをみつけて○さん感動
080608尾瀬17

9:50 見晴

結構疲れてしまいましたが、せっかくここまできたんですから
尾瀬ヶ原も少し散策したい。
竜宮十字路まで行くことにします。
振り向くと燧ヶ岳
080608尾瀬19

水芭蕉は見頃を少し過ぎたようで、
標高の高い尾瀬沼のほうが良かったです。

タテヤマリンドウ
080608尾瀬20

リュウキンカが花盛り
080608尾瀬18

080608尾瀬22

竜宮十字路あたりにくると
人の多さにビックリ。
080608尾瀬24

至仏山は生憎ガスの中ですし
080608尾瀬23

疲れもあるし、戻ることにしました。

見晴で再び休憩して、尾瀬沼に戻ります。

コースタイム1時間50分の登り、
写真もほとんど撮らず黙々と登りました。
080608尾瀬26

もう半分登ったーと思ったところで、あれ?白砂峠。
結局見晴⇔沼尻休憩所まで

行き(下り)1時間15分

帰り(登り)1時間10分。

行きは写真を撮りながらだったのですが
・・・下りより登りが早い人なんて聞いた事ないんですけどー(汗

沼尻休憩所はスルー。
ずっと北岸を通ってきたので、帰りは南岸経由でグルリ周って
三平下で生ビールの後、
尾瀬沼キャンプ場に戻る予定をたてましたが
時間も時間ですし、北岸を通ってキャンプ場に帰ることにしました。

沼山峠への分岐に近づくとまた喧騒が戻ってきました。
長衛小屋前はすごい人で賑わっていてゲンナリしましたが
テントに戻り、荷物を置いてお昼を持って
尾瀬沼ヒュッテのデッキにいるのは1組だけ。
静かなお昼を楽しめました。

燧ヶ岳をバックにオツカレチャーーーン!!
080608尾瀬27

マジウマーーに涙がでそう(笑

が、その後疲れなのか酔いが回ってしまい
テントでバタンキューのお昼寝タイム(笑

ハッと気がつけば14時25分

撤収を開始します。
カメカメ撤収で出発は15時15分
単なる木道なのに、ビールの酔いが残っているのか歩くのがつらく
三平下で10分程休憩させてもらいます。
080608尾瀬28

三平峠まで登ればあとは下り!
最後の力を振り絞り(大げさデス)ノンビリがんばりました。

三平峠を過ぎて最後の残雪地帯を通過
もう誰もいないねーといいながら下っていると

なんと・・・登ってくる30名オーバーの団体さんに遭遇。
こんな遅い時間に登ってくることに少し驚きました。

その後、約60分後トシちゃん&sanaeさん隊が
その団体さんとすれ違ったと書いてありました。
お互いすれ違った場所を考えると
通常コースタイムにして20分程度の距離かと思います。
休憩していたにしろ、ずいぶんゆっくり。

軽装な方が多かったので、
残雪が多い場所での下りで手こずっていたんでしょう。

さて、その後は誰ともすれ違わず
酔いも醒め下りは快調に歩けました。

水場で○さんお水を飲む。
ウマーだそうです。
080608尾瀬30

もうすぐ林道に出るというところで
ウェストポーチ一丁の軽装の人が向かってきて
これから登るのかとビックリ仰天。

とその方が私たちに向かって

「ダブルストックの足をケガした方いなかった?」
とたずねてきました。
誰も追い抜かなかったことを告げると、
一ノ瀬だなと車に乗って戻っていかれました。
(許可車ではないと入れないので、山の関係者の方でしょう)

16:35 一ノ瀬休憩所に到着。

営業は終了してましたが
お店の前で、先ほどのすれ違った方と
4人組の方が話をしていました。

一人、膝をケガしたらしくテーピングをしており
ここまで救急車は入れるが、救急車を呼ぶのか、
自ら病院に行くかを相談していたようです。

救急車とは、結構な重症のようですね・・・。
結局、4人は車に乗って去っていきました。

水分を補給して5分程休憩して出発します。

「風呂、風呂」とブツブツいいながら
林道をガツガツ歩き
080608尾瀬31

ラショウモンカズラ
080608尾瀬35

17:20 ゴール
080608尾瀬32

昨日満車だった駐車場はすっかりガラガラ。
車に戻ると、ワイパーに駐車場代未納の紙が挟まっていました(笑
トシちゃん&sanaeさんの車を覗くと
しっかり支払い済の領収書がおいてありました。

大清水の休憩所にてお支払いすることになっているようですが
もう閉まっていたので
休憩所の横にある専用ポストに未納の紙と500円をポストに入れました。

花咲の湯に立ち寄ってのーんびり汗を流し
19時過ぎ、お風呂からでて

の 「そろそろお二人は下山したかなー」
まる「したでしょーー」

なんて会話していたその頃
お二人は最後の林道を歩いていたのですねー。

沼田ICにのったあと、
記憶を失い、気がつくと練馬にいました。
一回も起きないなんて相当疲れてたようです。


おしまい
Comment

☆ 

こんにちは!
どのお花もほんっときれいですね!尾瀬いいなぁ~。大阪からはそう簡単には行けないのでせめてもう少しだけ東に住んでいればいろんな山へのアクセスが少しは楽かな~と思う毎日です。
朝からビール、くぅー、いいですねぇ♪おいしそう。
気になっていたのですが檜洞丸のレポの○さんの階段のお写真、転んでる瞬間なのでしょうか?それともおちゃめなポーズをとってくれてるのでしょうか?ちと気になりました(笑)

☆ 

ほんの少しの時間しかお話できなかったので残念でした。
わざわざシャンペンまで担ぎ上げて、尚且冷やす為に雪まで用意されていたなんて、
お心遣い痛み入ります、有難うございます。

自分達が歩いた「皿伏山→白尾山」はあまり魅力がないコースでしたので、
後追いしないで正解かも・・

また何処かでバッタリを期待しています。

☆ 

ブログ、fc2にしたんですね(^^)
サーバーが分散しているので、
サクサクで使いやすいですよん♪

さすがっ!!
朝から金色の星が輝いてますね(笑)

☆ 

>likicatさん
こんにちは!
スゴイというか浅はかというか無謀ですよね。
何ともお恥ずかしい限りなのですが、これも記録なのでしっかりUP。

翌週行かれたんですね!どちらからの登山でしたか?
御池から登山された方も残雪でルートが不明瞭で迷われたといってました。

俎~柴安はガケみたいでしたね。下りは上のとおり最後の一歩が・・・
落ちても大したケガはしなそうでしたが、ドロだらけになりそうで恐怖でした。

山頂と登山後のビールは格別ですよね(笑
汗かくからですかね?確かにスキーより美味しいと私も思います。(^^)v

☆ 

>トシちゃん
本当にもうすこしお話していたかったです。
いえいえ、そんな恐縮していただかなくても・・・
シャンパンを持ってきたのは
「たまには優雅に山でワインしよう!」ということになり
家に何年も眠っていたものを担ぎ上げただけなのですが、
偶然にも、バッタリのお祝いにピッタリー♪♪となった訳です。
まっ、役にたたないところが私らしいのですが(笑

本当にまたのバッタリ期待しています。
いえ、待ち伏せしてるかもしれません。お気をつけください(笑

☆ 

>mako10さん
すみません、コメントお返事したつもりが
できてませんでした。

gooとかアメブロとかと悩んだのですが、
上記は会社で見れませんが、
fc2は会社で読めるので(笑
書き込めませんが(爆
これから、fc2仲間としてどうぞよろしくです♪

☆ 

のんすけさんのレポは読みやすいですね~
読んでて楽しいです♪
なんで下山時間があの時間?と思いましたけど、理由がわかりました!(勝手に親近感!爆)
もう、シャンパン嬉しすぎますよ~
でもああいう出会い、すごく新鮮でしたね~
あっ、いや、トイレじゃなくて・・・^_^;
前夜雨じゃなかったら我が豪邸で宴会できちゃったのに(笑)
またの機会を楽しみにしています。

☆ コメントありがとうございます

>sanaeさん
読みやすいですか?ありがとうございます。
でも、誤字、脱字、へんな文章が多く
UP後も読み返してはチョコチョコ直してます(^^;

飲んで自爆したので下山があの時間でした。
もうすこし寝ていれば、sanaeさんたち戻ってきたんですねー。

豪邸でシャンパン飲みたかったです(TT
次回のお楽しみにしますね。
これからは毎回シャンパンを担がなくては(?)
ガンバレ!まるさん(笑
    
    管理者にだけ表示を許可する


Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

FC2カウンター

プロフィール

ぐうたらのんすけ

Author:ぐうたらのんすけ
【性 別】  ♀     
【趣 味】
☆山登り☆ 
2009年8月23日
百名山完座しました♪
☆スキー☆
冬場は毎週スキー場に出かける筋金入りの「変態」
2008年/3月に夫婦同時に「テクニカルプライズ」に合格しました★
       
ビールが大好き♪食べることも大好き♪
だから・・・万年ダイエッターです。   

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ


水芭蕉の尾瀬 その1 残雪の燧ヶ岳【登山】 ≪         HOME         ≫ ホテルニューオータニ ランチブッフェ「THE SKY」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。