--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/29 Sun  12:14
高妻山【百名山】

土曜日のドライブ記録は → こちら

えー、最近まるさん
無謀な山行を計画しがちですが
今回も戸隠山を経由して高妻山日帰りという
ステキなプランも提案してきてくれましたが、
サラリとシカトさせていただきました。

高妻山
P1130884.jpg


☆ 山行記録 ☆
----------------------
■高妻山(たかつまやま)2353m 新潟県・長野県 【百名山
日時:2008年6月15日(日)
天候:晴れ
行動時間:
戸隠牧場駐車場(7:10) → 滑滝(8:00) → 氷清水(8:20) → 一不動避難小屋(8:35/8:40) → 五地藏山(9:25/:30) → 九勢至(10:07) → 十阿弥陀(10:50) → 高妻山(10:55/11:40) → 六弥靭(新道下山口スルー) → 五地藏(12:45) → 一不動避難小屋(13:40) → 氷清水(13:30/13:35)  → 牧場駐車場(14:20)
---------------------


前日斑尾にある会社保養施設に宿泊。
4時起床5時出発予定でしたが、
朝風呂が5時からはいれるということで、○さんが朝風呂を熱望。

結局6時前に斑尾を出発。

戸隠キャンプ場まできたものの、
駐車場を見つけられずウロウロ。

私がキャンプ場入口にあるキレイなトイレに篭っている間に
○さんがキャンプ場奥にある戸隠牧場の駐車場を発見しました。
P1130728.jpg


7:10 登山届けを出し出発
P1130733.jpg

牧場内に沢山設置された登山道への看板をテクテク。
P1130735.jpg

お馬さんダー!ナデナデ。
P1130738.jpg

以前は、どうなでていいか分らなかったまるさんも
私が平気でなでる様子をみて最近はなで方を心得たようです。
人懐こいカワイイお馬さんでした。

牧場内をテクテク歩くこと10分
P1130744.jpg

牧場を抜け登山道へ。
牛が脱走できないようになっていました。
P1130747.jpg

さて、歩き始めは樹林帯のなだらかな道をテクテク
ラショウモンカズラの群生のお出迎え。
P1130757.jpg

スミレ系のお花たち
(スミレ系は種類が多すぎて、まだお勉強中)
スミレサイシンかな?
P1130743.jpg

カラマツソウ
P1130754.jpg


P1130755.jpg


P1130750.jpg

タチカメバソウ(追記)
P1130760.jpg

何度か渡渉を繰り返し
いよいよ本格的な登りになってきました。
P1130762.jpg

そろそろソールが磨り減りつつあるのか
軽登山靴のMERRELL カメレオン
石の上を歩くとツルツル滑るので気をつけて歩きます。

キノコノコノコ。
P1130764.jpg

キノコといえば季節は秋!と思われがちですが
梅雨の湿気た時期もキノコシーズンですよー。
シーズンといえど、見つけられたのは↑のみ。
なんの種類でしょ?

でニリンソウロード登場♪
P1130772.jpg

沢に出て沢の中を歩いていきます。
岩がツルンツルン滑ります。
気を遣うところなのに、虫が多く閉口しました。
P1130782.jpg


滑滝の鎖場
高度感はありますが、足場は掘れていてしっかりしてます。
P1130785.jpg

一枚岩のトラーバース
P1130793.jpg

下から見ると一体どこを通るのかわかりませんが、
近くに行くと、足場は結構広く思ったより平気でした。
ガス&雨天時は滑落注意です。
P1130798.jpg

涸れた沢を登り、
イワカガミが咲いている不動滝の鎖場を登ると
P1130805.jpg

氷清水
氷清水

地図は一杯清水となっていますが
わざわざ改めなければならない理由が気になるところ・・・
夏場は水が細いようですが、
雪解けのシーズンだからか、ジャンジャン出てました。
P1130811.jpg

まるさんゴクゴク。冷たくて美味しいそうです。

急な登りはツライですが、
道端はサンカヨウの花畑~
P1130817.jpg

シラネアオイもチラホラ咲いていてゲンキがでます。
P1130823.jpg

8:35 一不動避難小屋
P1130825.jpg

休憩。
まるさんバテてます・・・
水分を補給して、
私は虫除けネット装着して出発
P1130826.jpg

せっかく、虫除けネットを被ったのに
とたんに虫がいなくなりました。
・・・世の中そんなものです。

のっけから急な登りですが
今度はイワカガミロード。
イチイチ「イワカガミだー」と写真を撮る私
足を止める、いい口実なのです(笑
P1130838.jpg

とにかくとにかくアップダウンが多く
樹林帯の中で展望もありません
木々の間から、チラリと見えた美しい白馬方面の山は素晴らしく
山頂で見る楽しみができました。
P1130832.jpg

9:25 五地蔵に到着
P1130859.jpg

特に展望のない場所でしたが、3人の方が休憩中。
水分をとり出発します。

本日のゴールである高妻山が木々の間に見えてきました。
P1130860.jpg

大きな山体で存在感バッチリ。
まだまだ遠く、そして最後にあれを登らなければならぬのです。

3分程で五地蔵山山頂(1998m)
戸隠スキー場方面の展望が良かったです。
P1130857.jpg

六弥靭を過ぎると、やっとこさドドーンと高妻山
P1130886.jpg

右手には火打・妙高山ドドーン
火打・妙高方面1

そして道の両ハジはシラネアオイが花盛り~。
シラネアオイロードです。
P1130893.jpg

ムラサキヤシオ?
P1130890.jpg

ミネザクラ
P1130891.jpg

残雪を2箇所程通り過ぎ、
P1130872.jpg

八丁ダルミで丁度団体さんが出発するところ。
一息つこうかと思いましたが

「大勢ですから、お先にどうぞ~~~」と
言われてしまったので
お先に失礼させていただきました。

最後の急な登りをガンバル ガンバル
P1130895.jpg

残雪も残っています。
先週の尾瀬の登山靴とは大違い
ツルツル滑ります。
靴のソールって大事ですね。
狭い道なので、すれ違いも一苦労。
P1130897.jpg

とにかく急な登りに○さんバテ気味
P1130894.jpg

ここですれ違った男性二人組に
「後少しですよー」と励ましの言葉をいただいた。
(どうやら、このお二人のうちの一人が「えいじさん」だったようです)
山頂手前の十阿弥陀を通過して
P1130905.jpg

10:55 高妻山到着
P1130916.jpg

山頂に到着すると、団体さんが丁度出発していき
先客4人とわたしたちだけになりました。

まるさんバッテバテで山頂で倒れこむ。
あっしはまるさんのザックにはいっているご褒美を勝手に取り出し・・・

プシュっとあけて・・・
(オーイ!のんすけさんや、舌出てるってば(笑)
P1130907.jpg

いっただっきまーーす♪
P1130910.jpg

楽しみにしていた展望
妙高火打ち方面は生憎雲がかかってしまいましたが
雨飾山がキレイに見えました。
P1130917.jpg

恥ずかしがりやの白馬方面
白馬方面1

戸隠山方面もスッカリ雲のなか。
P1130922.jpg

もう少し早く登り始めれば良かったなと後悔しきり。
(えいじさんのレポは白馬方面クッキリでした → こちら

お昼を食べていると、八丁ダルミで抜かした団体さんも到着。
一気に山頂がにぎやかになりました。
「30分休憩して、11時50分出発しまーーーす。」
という声を聞き、団体様が出発する前に下山開始。

元来た道を戻ります。

急な残雪の下りも
燧ヶ岳の俎~柴安の斜度を思えばカワイイものよ。
なんて思っていたら
足を滑らせスコーーンとコケル私。
笹をつかんでいたので滑落こそしませんでしたが危ないところでした。
(まぁ落ちても大した距離は落ちないところ。ドロダラケが関の山)
油断禁物ですね。

六弥靭の祠の前にはイワカガミが咲いてました。
P1130935.jpg

この裏側に新道下山口があったとは・・・気がつきませんでしたトホホ。

でも、行きに気がつかなかったお花を見つけられたからOKです♪
コケモモ
P1130928.jpg

イワナシ?
P1130933.jpg

五地蔵山の先
斜面に一面シラネアオイが咲いていたのに気がつきました。
ブラボー
P1130932.jpg

写真では緑しか見えないところな惜しいカメラです(腕か)
心の目でシラネアオイを堪能してください。

アップダウンが多い道
一不動避難小屋までが本当に長く感じました。

避難小屋から先は下りだけです。
ムシゾーンに突入するので、ネットを被りいざ突入!。

氷清水でイップク。
出発したとたん、まるさん足を滑らせてスコーーーンと転ぶ。

1コケ

ちょっと下りが心配だった岩場
P1130941.jpg

鎖場を無事通過
P1130943.jpg

私が先頭で歩いていましたが、足音が静かになったので
フト後ろを振り向くと
○さんがいない。
ひそやかに2コケしてたようです。

スッタカタッタッターと軽やかな足取りの女性の単独行に抜かれ
「早いなぁ」と恨めしそうな○さん(笑
その後もツルっと滑っては「モーーー」と牛のようにうなってました。

14:15 無事下山

本当は下山後「そばの実」でおそばを食べようかと思ったのですが
おなかが空いておらず断念しました。
戸隠にある温泉もわからなかったので、
むれ温泉天狗の館で汗を流して帰宅しました。

※ 追記 ※ 

実は2001年に弥勒尾根新道という道が出来ていたようで、
途中の六弥勒の祠の裏から尾根道を下山することができたのですが
今回1999年の地図を持ってきたので(汗
その道は載っていませんでした。

尾根道は笹の根が滑りやすく気をつける以外、
ずーっと下りの道だそうで
あのアップダウンと、ツルツル滑る沢沿いの道を
通らずに済んだかと思うと・・・ちょっとショック。

急遽高妻山に決めたので、
新しい地図を買うヒマも、他の人のレポを参考にする時間もなく・・・
自業自得です。

教訓:地図は最新のものを用意すべし!

追記:最新版の地図にも載っていないという情報を仕入れました。
   知らなければ通れない道とは・・・高妻山おそるべし。

百名山:68座】 

tag : 百名山

Comment

☆ 

山頂でのビールおいしそうですね。
私はコンビニを見見つけられなくてビールはお預けでした。本当に天気が良かったですね。新道はまだ新しい地図にも載っていないようです。

☆ 

花の季節、天気いいと最高ですね!
絶景ワイド写真&やはりwご褒美写真も合わせて
ごちそうさまでした!(^^


fc2の使い心地、いかがですか?

☆ 

引越しお疲れ様です~。
相変わらず、吹き出しポイント満載レポ
ご馳走様でした。

あぁ、戸隠だぁ。懐かすぃ。
好きで何度か通った山なのでした。
あの岩清水って、レモン水みたいな味がしたんですよ。

しっかし、戸隠から高妻って・・・e-263
無視するしかないでしょ、そんな計画は。
○さんって激しい方なのねw。

☆ 

高妻からの展望っていいですよね。去年の秋歩いたときのこと、思い出しました(記録書いておらず・・・汗)。くびき山塊の展望台ですもの。のんすけさんたちも展望にめぐまれてよかったですねー。お花もいっぱい♪
わたしたちは、地元の方に教えてもらって、新道つかいました。地図にのってないのですよね。道ははっきりついてて、こっちの方が確かに下りやすいかもですね。
たしか、おそばは「そばの実」で食べたような・・・(忘れた) 戸隠のそばはうまいっす。

☆ 

>えいじさん
あそこらへんはコンビニがないんですよね。
コンビニ状況を知っていたので、前日に購入しておきましたが
えいじさんはビールなしでしたか・・・
あれだけ暑いとビールがないのはさぞや辛かったことでしょう。

地図が古い(99年)のを悔やんだのですが、
新しい地図にも載ってないとは驚きです。
新道といっても2001年に出来たと聞きましたが、
ナゼ新しい地図に載っていないのでしょうね?
氷清水を一杯清水に変更してくださいと書いてあったり
ちょっとナゾですね。

☆ 

>いとーさん
本当に天気がいいと、何でもサイコーです。
特に何かを言うまでもないですが。
先週登った仙ノ倉山との
ご褒美写真と比べると歴然ですね(^^)

fc2の使い心地ですか?
今のところ良いです。不満もないです。
ただ・・・やりたいことができないです。
単に技量がないという理由です(汗

☆ 

>にこちゃん
お久しぶりですーー。コメありがとうございます。
いえいえ、とんだ駄文で申し訳ありません。
えぇ、最近○さんは激しいプランを立てるくせに
全て途中で「ムリだ」と投げ出してます(笑

戸隠山は岩好き、スリル好きにはたまらなそうですよね。
しまった!
あまり生水は飲まないようにしてるので、
岩清水飲んでないんです。うぅぅぅ。後悔です。

☆ 

>まゆ太さん
頚城山塊の展望台!まさにそんな感じですね。
雲が多いこそ、展望に恵まれて本当に良かったです。

新道は地元の方の努力によって作られた道みたいですね。
調査不足が悔やまれます。(TT)

秋も良さそうですね。新そばのシーズンで(笑
次回こそ「そばの実」いってみたいです。

☆ 

のんすけさんいつの間にかお引越しを。

いや~この辺の山は千葉からは遠いんですよね~v-388
のんすけさん日帰りしたのかと思ったら、前夜泊で登ったんですね。

ガソリン代とか高速代とか運転時間を考えると、お金と体力の問題でなかなか行けない場所です。前夜泊するとお金かかるし…v-406
だから、こーんなに素晴らしいドーンとした展望を見せてもらえるだけで、うれしいやら意欲そそられるやら。
うぐおーっ見に行ってみたいーーーっっ て欲望がまたひとつ増えました。
高妻山のレベルが自分に合ってるかまだわかってないんですけど…v-389

のんすけさんはいつも高速道路は往復全走行なんですか?

☆ 

>プカプカさん
突然のお引越しすみません。
画像容量がいっぱいになってしまい、
夜逃げしてしまいました(笑

本当に妙高・戸隠は遠いですよね。
二人で運転できるから行けます。
保養施設でお安く楽させてもらいました(^^)

展望の良い山ですので、お天気を狙ってどうぞ。
決して甘くない山ですが、六弥靭新道を使えば下山のアップダウンは軽減されると思います。

ETC割をフル活用してホボフル高速。
高速とシタミチでの燃費が1リットルで2~3km変わるんです。
こう燃料代が高いと、高速に乗らないメリットが少なくなってきちゃいますよね。
時間もかかりますし。年々時間をお金で買うように・・・(笑

☆ 

お久しぶりです。
素敵な飲みっぷりですね♪
好きだな~~~。カッコイイ♪

高妻山、行ってみたいな~
楽しそう。

今年の夏山はどちらへ?
去年の剱で、追い抜かされた経験を生かし、
今年は、どこかで待ち伏せしようかな・・・(笑)

☆ 

>こまちさん
本当にご褒美写真は見て笑いました。
舌とアゴ出てますから(笑

高妻山はお天気のいい日に是非!
山は天気がいいほうが良いに決まってますけど(笑

そうですよねー、
去年はバッタリしていたんですよね。
夏山はやっぱり涼しく3000m級を狙って
北へ南へアルプス行脚いきたいと思っています。

ただ、まだ足が出来ていません(汗

☆ 弥勒みち

バックナンバーに失礼します!

弥勒新道は私の地図(2007版)でも記載がありませんでした。
でも、もしその道の存在に気付いていたとしても(リサーチで把握していたとしても)、地図にない以上は使えないという結論です。

ちなみに「ウオッちず」にも登山道の記載はナイみたいです。

あ、私も下山時、不動滝の前後で転びまくってました(笑)
まるさん同志!

☆ コメントありがとうございます♪♪

■長次郎さん

懐かしいレポ掘り出していただいて
ありがとうございます。

>弥勒新道
あまり歩いたレポもないんですよね。
知る人ぞ知る道なんでしょうか。
地図上に乗ってないルートを歩くのは怖いですよね。
単独だったら尚更です。

長次郎さんも不動滝あたりで転びまくりましたか。
男の人は体重が重いから転びやすいのかな?

あっ・・・私も木道でよく滑って転ぶのは
やっぱり体重重いからかな・・・(爆
    
    管理者にだけ表示を許可する


Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

FC2カウンター

プロフィール

ぐうたらのんすけ

Author:ぐうたらのんすけ
【性 別】  ♀     
【趣 味】
☆山登り☆ 
2009年8月23日
百名山完座しました♪
☆スキー☆
冬場は毎週スキー場に出かける筋金入りの「変態」
2008年/3月に夫婦同時に「テクニカルプライズ」に合格しました★
       
ビールが大好き♪食べることも大好き♪
だから・・・万年ダイエッターです。   

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ


ドライブGoGo! ≪         HOME         ≫ 花満開!平標山~仙ノ倉山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。